トップページ | 発明を武器に世の中に切り込む »

2008年4月 2日 (水)

軍事ロボット

米国の軍事ロボットの映像らしいですが、こういうロボットに殺されるのって、どんな感じでしょうか。誰かがロボット憲章というのを作って、ロボットは人を傷付けてはならないというのを入れたと聞いたことがありますが。

人が死ぬのは、①人間の故意・過失による(橋の工事がいい加減だったので橋が落ちて死ぬなども人災)、②病気や天災などの自然による(動物に殺される場合は、野生の動物ならこれでしょうし、ペットなら①の人災。橋の上から滑り落ちて死ぬのは自分の過失とすると①だし自然界の引力の法則のせいとすると②ですか)、の2つだったのが、③ロボットにより殺される、というのが追加されるのでしょう。

ロボットにより殺されるのも、広くは①人間の故意・過失ということになるでしょうか。しかし、人間や自然に殺されるのならともかく、ロボットに殺されて死ぬのは絶対に嫌だ、と思います。それは単に「慣れ」の問題でしょうか。

|

トップページ | 発明を武器に世の中に切り込む »

雑談(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/40741184

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事ロボット:

トップページ | 発明を武器に世の中に切り込む »