« アイデア社長 | トップページ | 大分教員汚職と退職金について »

2008年8月 2日 (土)

福島智さんのお母さんの「指点字」の発明

今年6月下旬に放送されたNHK「課外授業・ようこそ先輩」だけど、録画してたのを最近になって見た。

東大先端科学技術研究センター准教授・福島智さん(45歳)が母校の小学校で行った授業だった。福島さんは3歳で片眼が失明し9歳で両眼とも失明。さらに18歳で両耳が聞こえなくなった。

両眼と両耳が使えなくなってからは、点字機を使って、お母さんが点字を打って、それを紙に凹凸を付けて印刷して息子の智さんに指で読ませていたのだけど、あるとき、智さんが自宅の台所で、お母さんに何かを聞いてきて、台所では点字機が無かったので、お母さんがとっさに、息子の手の指に、自分の指で字を打ってみた。そしたら、理解できた。それで、指点字が生まれた。

今では、その課外授業のときも、ボランティアの女性が、福島さんの隣に座って、ずっと、同時通訳のように、福島さんの指に自分の指で点字を打ち続けていた。福島さんのお母さん(福島令子さん)も授業に出ていて、指点字を思い付いたときのことを子供たちに話していた。

福島さんは、教室の子供たちに、指点字を教えて、隣の子同士でやらせた。子供たちの一人は「指点字は、指と指が触れ合うので、温かい感じがして良いと思う」と言っていた。

僕は、この福島さんのお母さんの指点字は、すごい発明だと思った。指さえあれば、紙やペンなども要らない。指と指が触れ合うことで人間的な温かみも感じられるので、コミュニケーション手段としては紙などよりずっと優れている。

この指点字の発明は、もし発明して直ぐに特許出願していたら、特許が取れただろうか?

答えはNOとされている。ジェスチャーとか手話とか方言とか挨拶とか言語などもそうだが、人間がやるコミュニケーションの方法は、単なる「人為的な取り決め」に過ぎず、「自然法則を利用したもの」ではない、だから、広い意味での発明には当たるとしても「特許法が定める発明」(狭い意味での発明)には当たらない、というのが特許庁や裁判所の解釈だ。

まあ、それはそうでしょうね。でも、そんなことはどうでもいい。福島さんのお母さんは、肩肘はらない、気さくで、堂々としてて、明るい感じの人だった。自由な雰囲気を感じた。こういう人は発明をよくするタイプではないかと思った。別に、特許が取れる発明だけが立派な発明だという訳ではないのだ。

追記ですが、福島さんは、子供たちに、「もし、皆が眼と耳が使えなくなったら自殺したいと思う?」と聞いていた。福島さんは自殺は考えなかったそうだ。「こういう苦悩は、人生で何らかの意味があるのだろうと思い込もうとした」と言われていた。「人生は生きているというだけで90%は成功しているようなものなのだ」とも言われていた。

|

« アイデア社長 | トップページ | 大分教員汚職と退職金について »

面白い発明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/42035068

この記事へのトラックバック一覧です: 福島智さんのお母さんの「指点字」の発明:

« アイデア社長 | トップページ | 大分教員汚職と退職金について »