« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月19日 (金)

勝間和代さん

勝間和代さん、今、すごく売れてるようです。本屋にはめったに行かないので分からないが、平積みされてどんどん売れてるらしい。

まあ、僕自身は最近はハウツー本は全く興味がないのでどうでもよいと思ってたが、今週号のアエラで特集していたので読んでみた。本人のインタビュー記事やカツマーという勝間さんを師匠として本のとおりにやろうとしている人たち(30歳代の女性が多い)のことが出てるのを読んだけど、やっぱり、興味が湧かない、フィーリングが合わないという感じがした。

記事を書いてた記者も30代の女性で、「起こったことは全て正しい」という本のタイトルに感銘を受けたとかあったけど、僕は、この言葉を聞いて直ぐ、僕がまだ30歳代の20年前にブームになった船井幸男(コンサルタント)の「物事には全て理由がある」(事故で死んだり障害を負ったり病気になったりすることも含めて物事には全て理由がある)という言葉を思い出して、似てるなと思った。この言葉も別に船井さんの独創ということではなくて、キリスト教か何かの宗教の言葉からとってきたらしいが。

まあ、こういうのは、大体、10年とか20年くらいのサイクルで、その時代の衣装をまとって何回も出てくるものだ(バブルと同じか)。勝間さんの場合はグーグルなどのITの衣装をまとっているのが20年前との違いなのだろう。

そういえば、僕も、20年前の30歳代の頃は、船井幸男の本は5~6冊は買って読んだものだし講演にも行った。30歳頃は、まだ自分なりのハウツーを持っていないから、誰か適当な師匠が居ればその人のやり方を直ぐに吸収しようとする。それだけ、柔軟性も吸収力もある。50歳になると、それが無くなってしまうのだろうか。また、自分なりのハウツーもあるので、特に師匠が必要ないというのもある。

今51歳の僕には、僕よりも10歳若い勝間さんよりも、今年ノーベル物理学賞を取った益川敏英さんのやり方や発言に魅力を感じる。益川さんは70歳前後だろうが、僕のような歳の人にとって師匠というのはやはり、そういうものなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

特許はハイウェイの関所

今年も後少しですね。

今年は、特に良いことは無かったけど、今年の初め頃は手持ちの特許は10件だったけど、今年の間に11件増えて、今は計21件になりました。来年もこのペースで行くだろうから、多分、来年の後半には30件を超えると思います。

今の僕の手持ちの特許は、ほとんどが未だ実用化されてないもので、実用化にはあと2年から5年くらい掛かるものが多い。だから、今は、企業へのライセンスより先に、手持ちの特許の数を増やして行く時期なのだと思っています。

手持ちの特許が30件くらいになってくる頃になれば、そのうち、徐々に大企業から声が掛かってくるのではないかと予想(期待)しています。

大企業が僕の特許を意識しているかどうか、サッパリ分かりません。意識しててチェックしているのかも知れないし、全く眼中になく僕の一人相撲なだけかも知れません。

僕の個人発明家のビジネスモデルは、ハイウェイの関所を目指す、ということです。例えば九州から東京を目指して車で行くときを考えると、一般道路を通るだけではまず無理で、必ず高速道路を通らざるを得ない。そのとき、網の目状の一般道路のどこかに関所を設けててもスルーされるので全く意味ありませんが、高速道路のどこかに関所を設けておけば必ずその関所を通らなくてはならない。製品化の道筋が高速道路とすれば、そのために必ず通らなければならない部分に特許(必須特許)を取っておけば、大企業は必ずライセンス契約を結ぶしかなくなります。

まあ、僕はそういう戦略で今までやってきましたが、どうなるかな、その答えは早ければ来年中にも出るのでしょう。

なお、「大企業へのライセンスを目指す発明家」とは、大企業と発明分野が競合している発明家という意味です。「大企業へのライセンス型発明家」にとっては、自分の発明を世の中で商品化する道として、主として大企業へのライセンスを通じて大企業に商品化してもらうことが効率的だといえますが、資金が貯まれば自分で事業化することも当然に在りえます。その意味でも、「大企業へのライセンス型発明家」は、通常のパテント・トロールとは違うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »