« 燃料電池の発明の歴史(早すぎた発明) | トップページ | 審査基準の法制化と特許審査の民営化 »

2009年1月21日 (水)

異端の役割

Chikirinさんが下のようなマトリクスを示して「日本に起業家が少ない理由」を分析してて、面白いなと感じた。

200901180616481_2

僕は昔から下側の人間で、意味が無いと感じることを続けるのが我慢できない方だったし、組織も向いてなかったから、そうだよなあと思った。中学校から、学校でもクラブ活動しないで(いったんは何かに入るが1-3ヶ月後に退部というパターン)、ずっと帰宅部。まあ、バカ話する友達は同じ帰宅部に何人かいて楽しかった。

高校時代は何かいつもふてくされてて全く勉強しなかったので、2年の終わりには最下位から5番目まで成績が下がった。それで、これはいかんと思って3年から勉強を始めたけど間に合わなくて浪人、でも、予備校は合わないというか、これ以上、教室での集団生活は嫌だと思って自宅で宅浪。当時Z会と双璧だったオリオンの通信添削のお世話になった。

その後も、25歳のときは1年間、実家でニートを経験した。今から25年以上前のことで、当時はニートなどの言葉もない時代だし、田舎だったので、結構、世間体は気になったような。でも、結構、遊びに出てたけど。ちょうど、そのニートだったとき、高校の同窓会があって行こうかどうか少し迷ったが行った。皆、僕のことは知っていたが。その後、就職して、転職して、35歳から独立して自営、という流れで、ここまで来た。

自分の経験からも、組織を離れてやろうとすればリスクがあるので、僕のようなもともと組織では無理という人間(この場合は能力は普通以下でもよい)か、ある程度のパワーを持った経営能力のある人間かでないと難しいと思う。

僕のようにもともと組織は無理という人間は、それしか道がないから、自営とかになってうまく行かなくても、何とか、ほそぼそとでもいいから、そのままやろうとする。だけど、組織でもやっていけるという人は、自営とか経営がうまく発展して行かなければ(ほそぼそとはやっていけるとしても)、組織に戻った方がよいということになると思う。

確かに、世の中をオペレーションしているのは組織であり、NTTとか郵便局とか役所とか、大組織がないと、社会は回っていかない。だから、組織から離れた個人(自営業者だけでなく、ニート、フリーターもこの中に入る)や小集団は、社会のアダ花というか、社会の周縁、異端の位置にある。なお、ここで「自営=異端」というのはずっとそのままほそぼそとした自営というケースであり、大組織を目指すベンチャーは「異端」ではない(最初は異端でもそのうち主流になる存在という意味)。ベンチャーの経営者などは、もともと、大組織でも十分やっていける人でなくてはうまく行かないことが多いのではと思う。

上で、組織を離れた個人(自営、ニート、フリーター)や小集団は社会の周縁に位置する異端に過ぎないと書いたが、そういう「社会のアダ花」ともいうべき異端にも、社会の中で、それなりの役割はあると思う。料理でいえば、ステーキなどの主材(これは大組織)にはなれないが、香辛料のような役割だ。

そういう異端の役割の一つに、社会や時代を動かす「触媒」という役割があると思う。大組織は恐竜と同じでなかなか時代や環境の変化を感じ取りにくいので、異端である個人や小集団がいち早くその時代や環境の変化に気づいて、「触媒」となって、社会を「刺激」して行き、やがて大組織もその時代や環境の変化に気づいてそれに合わせて少しずつ変わって行き、社会全体のオペレーションも変わって行く、という流れだ。僕が目指す発明家も、そういう役割をもっていると思う。

|

« 燃料電池の発明の歴史(早すぎた発明) | トップページ | 審査基準の法制化と特許審査の民営化 »

発明家人生」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異端の役割:

« 燃料電池の発明の歴史(早すぎた発明) | トップページ | 審査基準の法制化と特許審査の民営化 »