« 「かんぽの宿」と事業譲渡と入札 | トップページ | かんぽの宿問題のマスコミ報道の偏り »

2009年2月21日 (土)

特許法の改正-第三者開放で特許料を半分に?

2009/2/20付け日経ネットの記事からの引用

「特許料、第三者開放なら半減 法改正を政府検討

政府は、第三者への開放を条件に企業が登録した場合の特許料を従来の半額にする方向で検討する。特許の開放をあらかじめ明らかにして中小・ベンチャー企業や研究者などが使いやすい仕組みにするのが狙い。特許が未使用のまま放置される事態を改善する効果も期待できる。3月末にもまとめる2009年度から3年間の「第三期知的財産戦略の基本方針」に盛り込み、10年の通常国会に特許法改正案の提出を目指す。」

これを最初に見たとき、はあ?と思った。なぜなら、「第三者に開放」して特許料(年金)が半分減るだけなら、特許権を「放棄」するか、特許料(年金)を支払わないで特許権を「消滅」させる方がずっとましだから。

その後、ちょっと考えて、これは記事が不正確なのであり、「第三者に開放」というのは、「差止め請求の部分は放棄して損害賠償の部分(ライセンス料の請求の部分)だけを残す(またライセンス料が高額だと実質的に差止めと同じになるからライセンス料も低額に抑える)こと」、という意味なのだろう、と推測した。

著作権におけるクリエイティブ・コモンズ(CC。下記参照)と同じような考え方で、特許権が有るか無いかの2つだけでなく、中間的な第3の権利内容を作る、というものだろう(予想)。

しかし、余り魅力は感じない。なぜなら、今の特許料は9年目まではせいぜい年間3万円以下(平均)、10年目を超えても年間10万円以下(平均)に過ぎず、それが半分になっても、大きな影響はないから。

それよりも、初めから「差止請求なし(損害賠償だけ)の特許権」を目指して出願するという制度を作ったら? そのような権利でよいと考える出願人に対しては、出願審査請求などの印紙代を半額にする(既に減免を受けて半額になっている企業にはさらにその半額とする)、進歩性などの特許要件を緩めるなどのメリットを与えることを検討したらどうだろうか?

クリエイティブ・コモンズ(cc)とは(リンク先は音声が出るので注意)から一部抜粋

著作権者の権利を守りつつ著作物の流通を促進するための仕組み。著作権者は、自分の著作物を所定の条件を満たすなら他人に利用してもらってもよいと考えるとき、①帰属(著作者名の表示を条件に利用を許諾)、②非営利(商用利用しないことを条件に利用を許諾)、③派生禁止(作品を改変しないことを条件に利用を許諾)、④同一条件許諾(元の作品と同じ条件で改変作品を他人に利用させることを条件に利用を許諾)、の4条件の中から選択して、Web上の操作で作品に所定のマークをつけられる。

|

« 「かんぽの宿」と事業譲渡と入札 | トップページ | かんぽの宿問題のマスコミ報道の偏り »

特許法(の改正)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/44130882

この記事へのトラックバック一覧です: 特許法の改正-第三者開放で特許料を半分に?:

« 「かんぽの宿」と事業譲渡と入札 | トップページ | かんぽの宿問題のマスコミ報道の偏り »