« 特許法改正の論点 | トップページ | 「かんぽの宿」と麻生総理の2/5答弁との関係 »

2009年2月 9日 (月)

植草一秀さんと「かんぽの宿」

少し前に逮捕され有罪になった植草一秀さん、逮捕された頃はちょっとなーと思ったけど、ブログを見て、見直しました。

最近、「かんぽの宿」の問題に興味があって、あちこち見ています。

いろんな論客がそれぞれ主張しているのだけど、「入札が公正に行われたと見るのかどうか」についてそれぞれが違う前提にたって主張しているので、議論が全くかみ合っていない。前提となっている「入札が公正に行われた」のかどうかの事実関係は、これから国会などで徹底的に検証してほしい。

それにしても、この問題、ネットに比べて大新聞やテレビでは取り上げ方が確かに地味だ。植草さんに言わせると、それは、「郵政民営化利権」を狙うグループがそのようにマスコミを操作しているからだ、ということらしいが。。。

植草さんは、以前は華麗なエスタブリッシュメントの世界の内側というかど真ん中に居た人だ。その人が、ブログ(植草一秀の『知られざる真実』)で、「昔のお友達」の学者たちを含めてエスタブリッシュメント側の人たちを眼のかたきのように攻撃している。自分がかつて居た世界だから、裏側の事情も、どこから攻めればいいかも知っているようだ。

かんぽの宿の問題では、最も熱心に追及している一人だと思う。かつての仲間たちを、これでもかというように追及しているのを見ると、怨念のような迫力を感じるが、逮捕・有罪になって、人生観も変わったのだろうか。

まあ、僕は、こういう、傷を負って追い詰められて「手負いの獣」のようになって権力側に牙を剥くようになった人、好きですね(昔読んだハードボイルド小説にはこういうタイプは多かった)。

植草さんがこれからどのように活動していくのか、復権はあるのかにも、興味をもっている。

なお、もちろん、彼の無罪の主張が正しいのかどうかは、これとは全く別の問題であり、僕はこの点では彼に同情的ではない。

追記:この問題で、朝日新聞の2009年1月24日付け社説は、「談合のような不正や不適切な事務処理があったなら話は別だ。鳩山氏は昨日の国会答弁で、そのような疑義を口にした。それなら問題点を具体的に示してほしい。」と述べていたが、新聞社なら自分で調べろ!といいたい。社民党の保坂議員も言っているが「調査報道」は何処に行ったのか。

|

« 特許法改正の論点 | トップページ | 「かんぽの宿」と麻生総理の2/5答弁との関係 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

最高裁は被告植草一秀の上告を棄却する決定をした。懲役4カ月の実刑とした一、二審判決が確定する。

投稿: 痴漢植草は左翼 | 2009年6月27日 (土) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特許法改正の論点 | トップページ | 「かんぽの宿」と麻生総理の2/5答弁との関係 »