« 特許侵害訴訟とゴールドラッシュ(ジーンズの発明) | トップページ | 捜査情報のリークは証人喚問でなく刑事告発で済むのでは »

2009年3月 9日 (月)

やっぱり国策捜査?

今回の政府高官(官房副長官・元警察庁長官)による「(今回の西松建設の巨額献金事件の捜査は)自民党議員には絶対に波及しない」というオフレコ発言に関して、検察官出身の落合洋司弁護士の2009/3/8ブログ記事に次のような見方が書かれていた。

「・・・特捜部の事件については、法務大臣にも報告が上がってくるので、法務大臣から官邸へ上がってきた報告なり書類なりを目にして、それに基づいて上記のような発言をしていたということも考えられます。

自民党はやらない、ということで、官邸からゴーサインが出た、ということであれば、それはそれで立派な(?)国策捜査ということは言えるのではないかと思われ、官房副長官が上記ののように否定する程度では、この疑惑は消し去れないでしょう。

特捜部としては、こういった国策捜査疑惑を払拭するためにも、自民党側についても捜査の対象にせざるを得ない状況に追い込まれている可能性が高く・・・」

麻生政権は、小沢さんの健康状態も警察を使って逐一チェックしていると少し前に新聞に書いてあったし、手足となってくれる警察や検察を掌握していることからくるアドバンテージは計り知れないものがあり、この点からも、政権を明け渡すことは絶対にできないというのがあるのだろうか。

東京地検は、今回沸き起こった国策捜査批判をかわすため、この事件の捜査範囲を当初は意図していなかった自民党議員にも及ぼす必要が新たに生じてきたためか、地方の検察官を新たに呼び寄せるなどしてこの捜査に当たる検察官の人数を増員している、と新聞に書かれていた。

しかし、本件の政治資金規正法違反は見たところでは形式犯的な犯罪と思われ、(収賄罪まで行けば別だが)それほどの重要性はないと思うので、こんなことに大勢の検察官を動員するのはもったいないと思う。それよりも、より重要性と緊急性の高い「かんぽの宿」の疑惑にこそ大量の検察官を投入すべきなのに、何やってんだ、と思う。

|

« 特許侵害訴訟とゴールドラッシュ(ジーンズの発明) | トップページ | 捜査情報のリークは証人喚問でなく刑事告発で済むのでは »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/44292584

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり国策捜査?:

» 小沢ショック「西松建設献金事件」にみる 情報操作の危険性 [ハズレ社会人]
オツカレです。 この事件の前後でメディアの扱い方が全く違うことに危機感を持つ。 [8日 共同]小沢代表辞任、61%が求める 説明納得せず78%  ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 19時22分

» [政治][メディア] 漆間官房副長官(事務)の「記憶にない」発言の下手な嘘 [日録(不定期)]
 はっきり言って、これは下手な嘘である。私に言わせれば、漆間氏はこの嘘によって墓穴を掘ったのであり、正しく追及されれば氏にはもはや辞任以外の道はない。  ところが、追及の仕方がわからない人が少なくないかのようである。まずメディア。漆間があのように言ったこ... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 02時50分

« 特許侵害訴訟とゴールドラッシュ(ジーンズの発明) | トップページ | 捜査情報のリークは証人喚問でなく刑事告発で済むのでは »