« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

「小沢秘書は無罪」はネットではもう常識?

民主党の代表戦で岡田さんを支持した議員たち(95人くらい?)は、小沢さんは「ダーティー」だから検察に標的にされた、自分たちは「クリーン」だから大丈夫、と思っているのだろうか。でも、それは甘いと思う。

「クリーン」を「無罪」に置き換えてみれば分かる。「無罪」でも「クリーン」でも、検察から睨まれたら逮捕されるとしたら?

検察は、「クリーン」でも「無罪」でも、自分たちの都合で標的にした人間を逮捕・起訴することがある。前回の記事で引用したニューヨークタイムズ(2009/5/29)の記事でも、「小沢氏は、検察を含む官僚の削減を民主党の選挙公約としたために、検察によって選ばれた」という見方を紹介していた(民主党の保坂議員の言葉としてだが)。

だから、今回の西松事件は「検察権力(政権側)が野党第1党の党首を標的にした民主主義の危機だ」と捉えるのが、まともな感覚だと思う。

「クリーン」か「ダーティ」かなんて全く本質的な問題じゃない。これは「政治弾圧」で「民主主義の危機」なのだから、弾圧された民主党議員や野党議員は、「クリーン」な人も「ダーティ」な人も全員、検察に抗議しなくてはならないと思う。

小沢秘書は「無罪」なのに逮捕されて起訴までされた。

政治資金規正法は「献金(銀行振り込み)をした者」(今回の2つの政治団体)を収支報告書に記載するように定めているだけで、「背後で資金を拠出した者」(西松建設)を記載しろとは定めていない。小沢秘書は、この政治資金規正法の定めのとおり、「献金(銀行振り込み)をした者」として2つの政治団体の名前を記載したのだから、「虚偽記載」の事実は全く存在していない (むしろ「背後で資金を拠出しただけ」の「西松建設」の名前を記載していたら「虚偽記載」となってしまっていただろう)。

だから小沢秘書は裁判では無罪となるだろうが、これは既に法律専門家(弁護士や法律学者。但し検察だけは除く)の間では常識的見解だと思う。最近のネットのブログなどを見てても、「小沢秘書は無罪なのだから・・・」とか「小沢秘書が仮に無罪だとしても道義的責任は・・・」とかの言説が多いのをみると、「小沢秘書が無罪になるだろう」というのは、そろそろネット上では常識になりつつあるような気がする。

ブログランキングへ ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月30日 (土)

ニューヨークタイムズも日本の検察とメディアを批判

前のエントリに書いた2009/5/29のニューヨークタイムズの記事の原文を下記に転載しておく(ここより)。

この記事の題名は「スキャンダル報道で、メディアはリーク垂れ流しの責めを負う」(In Reporting a Scandal, the Media Are Accused of Just Listening)というものだが、まさに、これから日本のマスメディアは「試練」を迎えることになるだろう。検察も。

この記事では、日本のマスメディアは、"watchdogs on authority"(権力に対する監視役)ではなくて、まるで"authority's guard dogs"(権力に雇われた番犬)のようだ、と書かれている(日本の学者の言葉としてだが)。

“The news media should be watchdogs on authority,” said Yasuhiko Tajima, a journalism professor at Sophia University in Tokyo, “but they act more like authority’s guard dogs.”

また、この記事では、この事件については社民党の保坂展人議員が「小沢氏は、検察を含む強力な官僚機構の削減を民主党の選挙公約としたために、検察によって選ばれた」というストーリーを信じていると述べているが、このストーリーについて、タイム誌が東京地検にインタビューを申し込んだところ、東京地検は、「タイム誌は、東京地検の記者クラブのメンバーではない」という理由で撥ね付けた、とも書かれている。

He said he believed Mr. Ozawa was singled out because of the Democratic Party’s campaign pledges to curtail Japan’s powerful bureaucrats, including the prosecutors. (The Tokyo prosecutors office turned down an interview request for this story because The Times is not in its press club.)

今回の民主党代表(当時)の小沢氏の秘書を(専門家から見ても当然だろうが)素人目から見ても無理筋の政治資金規正法違反(虚偽記載)で逮捕・起訴した検察の異常さとそれを盲信・盲従したマスコミの愚かさは、徐々に、海外でも注目されてきているようだ。

※追記(2009/5/31): こちらのページ(カナダde日本語)に全文の和訳が載っています。

In Reporting a Scandal, the Media Are Accused of Just Listening

TOKYO — When Tokyo prosecutors arrested an aide to a prominent opposition political leader in March, they touched off a damaging scandal just as the entrenched Liberal Democratic Party seemed to face defeat in coming elections. Many Japanese cried foul, but you would not know that from the coverage by Japan’s big newspapers and television networks.

Instead, they mostly reported at face value a stream of anonymous allegations, some of them thinly veiled leaks from within the investigation, of illegal campaign donations from a construction company to the opposition leader, Ichiro Ozawa. This month, after weeks of such negative publicity, Mr. Ozawa resigned as head of the opposition Democratic Party.

The resignation, too, provoked a rare outpouring of criticism aimed at the powerful prosecutors by Japanese across the political spectrum, and even from some former prosecutors, who seldom criticize their own in public. The complaints range from accusations of political meddling to concerns that the prosecutors may have simply been insensitive to the arrest’s timing.

But just as alarming, say scholars and former prosecutors, has been the failure of the news media to press the prosecutors for answers, particularly at a crucial moment in Japan’s democracy, when the nation may be on the verge of replacing a half-century of Liberal Democratic rule with more competitive two-party politics.

“The mass media are failing to tell the people what is at stake,” said Terumasa Nakanishi, a conservative scholar who teaches international politics at Kyoto University. “Japan could be about to lose its best chance to change governments and break its political paralysis, and the people don’t even know it.”

The arrest seemed to confirm fears among voters that Mr. Ozawa, a veteran political boss, was no cleaner than the Liberal Democrats he was seeking to replace. It also seemed to at least temporarily derail the opposition Democrats ahead of the elections, which must be called by early September. The party’s lead in opinion polls was eroded, though its ratings rebounded slightly after the selection this month of a new leader, Yukio Hatoyama, a Stanford-educated engineer.

Japanese journalists acknowledge that their coverage so far has been harsh on Mr. Ozawa and generally positive toward the investigation, though newspapers have run opinion pieces criticizing the prosecutors. But they bridle at the suggestion that they are just following the prosecutors’ lead, or just repeating information leaked to them.

“The Asahi Shimbun has never run an article based solely on a leak from prosecutors,” the newspaper, one of Japan’s biggest dailies, said in a written reply to questions from The New York Times.

Still, journalists admit that their coverage could raise questions about the Japanese news media’s independence, and not for the first time. Big news organizations here have long been accused of being too cozy with centers of power.

Indeed, scholars say coverage of the Ozawa affair echoes the positive coverage given to earlier arrests of others who dared to challenge the establishment, like the iconoclastic Internet entrepreneur Takafumi Horie.

“The news media should be watchdogs on authority,” said Yasuhiko Tajima, a journalism professor at Sophia University in Tokyo, “but they act more like authority’s guard dogs.”

While news media in the United States and elsewhere face similar criticisms of being too close to government, the problem is more entrenched here. Cozy ties with government agencies are institutionalized in Japan’s so-called press clubs, cartel-like arrangements that give exclusive access to members, usually large domestic news outlets.

Critics have long said this system leads to bland reporting that adheres to the official line. Journalists say they maintain their independence despite the press clubs. But they also say government officials sometimes try to force them to toe the line with threats of losing access to information.

Last month, the Tokyo Shimbun, a smaller daily known for coverage that is often feistier than that in Japan’s large national newspapers, was banned from talking with Tokyo prosecutors for three weeks after printing an investigative story about a governing-party lawmaker who had received donations from the same company linked to Mr. Ozawa.

The newspaper said it was punished simply for reporting something the prosecutors did not want made public. “Crossing the prosecutors is one of the last media taboos,” said Haruyoshi Seguchi, the paper’s chief reporter in the Tokyo prosecutors’ press club.

The news media’s failure to act as a check has allowed prosecutors to act freely without explaining themselves to the public, said Nobuto Hosaka, a member of Parliament for the opposition Social Democratic Party, who has written extensively about the investigation on his blog.

He said he believed Mr. Ozawa was singled out because of the Democratic Party’s campaign pledges to curtail Japan’s powerful bureaucrats, including the prosecutors. (The Tokyo prosecutors office turned down an interview request for this story because The Times is not in its press club.)

Japanese journalists defended their focus on the allegations against Mr. Ozawa, arguing that the public needed to know about a man who at the time was likely to become Japan’s next prime minister. They also say they have written more about Mr. Ozawa because of a pack-like charge among reporters to get scoops on those who are the focus of an investigation.

“There’s a competitive rush to write as much as we can about a scandal,” said Takashi Ichida, who covers the Tokyo prosecutors office for the Asahi Shimbun. But that does not explain why in this case so few Japanese reporters delved deeply into allegations that the company also sent money to Liberal Democratic lawmakers.

The answer, as most Japanese reporters will acknowledge, is that following the prosecutors’ lead was easier than risking their wrath by doing original reporting.

The news media can seem so unrelentingly supportive in their reporting on investigations like that into Mr. Ozawa that even some former prosecutors, who once benefited from such favorable coverage, have begun criticizing them.

“It felt great when I was a prosecutor,” said Norio Munakata, a retired, 36-year veteran Tokyo prosecutor. “But now as a private citizen, I have to say that I feel cheated.”

ブログランキングへ ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

| | コメント (1) | トラックバック (1)

朝日新聞の「西松事件は国策捜査だったのか」を読んで

今回の「検察の暴走」とそれに犬のように追従する「マスコミの暴走」の問題は、ニューヨーク・タイムズなどの海外のメディアからも、心配(嘲笑も?)されているようだ。

ニューヨーク・タイムズの2009/5/29の記事「日本のメディアは検察庁が流す情報を丸投げ」の中では、日本のメディアは"watchdogs on authority"(権力に対する監視者)でなくてはならないのに、まるで"authority's guard dogs"(権力を守る番犬)のように振舞っていると、日本のメディアの動きが批判的に紹介されているらしい。

また、この記事の中では、社民党の保坂展人議員の「小沢氏がターゲットとなったのは、民主党が検察庁を含む官僚機構の簡素化をスローガンに掲げていたからだと信じている」という発言も紹介されているらしい。

http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/352.html

まぁ、そういう状況の中で、昨日(2009/5/29)の朝日新聞の「西松事件は国策捜査だったのか」を読んでみた。検察ベッタリの報道を繰り返して「検察権力の監視」を放棄した朝日新聞などを含むマスメディアの責任について全くスルーしていたこと、朝日新聞編集委員の村山治氏が明確な証拠も無しに国策捜査ではないと断言する発言をしていたことなど不満な点はあるが、一部にはかなり納得できる発言もあったので、納得できる部分を中心に、以下に引用しておきたい。

村山治(朝日新聞編集委員)「西松事件の最大の「功績」は、民主党や一部検察OBらが「検察の横暴」や「メディアとの癒着」を言い立てたことで、国民が、政治と検察、メディアの関係を見直すきっかけを与えたことだろう。検察権力の行使には何らかのチェックが必要だ。

村山治(朝日新聞編集委員)「政権と検察権力が癒着して政敵を倒すために意図的に行うことを意味して「国策捜査」という言葉を使っているとすると、それは違う。

・・・当ブログのコメント: この「・・・それは違う。」と断言している部分はおかしいと思う。今のところ、どちらにも明確な証拠はないのだから、国策捜査かどうかは、「私はこう考える」という「主張」ができるだけで、誰も「断言」はできないはずだ。

宮崎哲弥(評論家)「ただこの捜査、検挙は、最高検察庁の許可がなければあり得なかったはずだ。さらに法務省刑事局が証拠や法適用の妥当性を事前に精査しているならば、一部で憶測されたような「特捜部の暴走」説は考えにくいことになる。

・・・当ブログのコメント: この発言の意味はちょっとわかり難いが、宮崎氏は、この「・・・最高検察庁・・・法務省刑事局が・・・を事前に精査しているならば、・・・「特捜部の暴走」説は考えにくいことになる。」という表現を使って、今回の西松事件の捜査が、「特捜部の現場(末端)の暴走」ではなく、「最高検察庁や法務省刑事局などの上層部が精査した上での(=上層部が関与した)国策捜査」であった可能性もあるのでは、と指摘している訳だ。

村山治(朝日新聞編集委員)「確かにアメリカでは政権交代があり、しかも連邦検事が政治任用なので、検察と政治の関係をめぐる議論がしょっちゅう起きている。NYタイムズによれば、韓国でも今、「ささいなこと」で検察の追及を受けて盧武鉉前大統領が自殺したとして、「チェック・アンド・バランスのほとんどない検察」「現大統領官邸と検察の近さ」が批判されている。韓国の世論の矛先は検察や保守系メディア、そして現大統領に向かっているそうだ。(中略) 逮捕、起訴など検察権行使に対する指揮権発動は問題外だが、あまりにも政治による監視が検察に届かなくなっていることの方がいまはむしろ問題かもしれない。 検察が組織的に裏金をつくったり、暴走しかかったり、意図的に事件をつぶそうとしたりしているという具体的な疑いが指摘されたら、法務大臣は、行政上の権限を行使して検察に捜査経過を報告させ、必要と判断したら国民に説明する明確なルールをつくるべきだ。

川本裕司(朝日新聞編集委員)「だが今回は、東京地検特捜部長や名古屋高検検事長を務めた宗像紀夫氏が、朝日新聞紙上で元検察幹部としては異例の古巣批判をした。世論調査でも検察捜査への疑問の声が少なからずあった。

「宮崎さんの総括 検察公訴の当否、市民が審査を」の囲み記事より引用 「検察の権限は、捜査から刑の執行にまで及び、広範で重要な機能を果たしている。その行使をチェックする制度の必要性を感じる。 現在も市民による検察審査会が設けられており、特にこの5月21日から2度の「起訴相当」の議決によって法的拘束力が発生するなどの機能強化が図られた。加えてあえて将来的な課題を提起すれば、事後に不起訴処分を審査するだけでなく、アメリカの大陪審のように事前に公訴の当否を審査する機能を持たせたらどうか。検察が起訴に関する条件や判断の基準を開示する場にもなろう。 メディアも、検察の着手をたった十数時間早く「前打ち」するために、膨大な資源をつぎ込むのはもうやめるべきだ。検察の活動を検証し、とくに制度面において不備や欠陥があれば、改革を提議することが重要だ。それこそがメディアの果たすべき役割だろう。

・・・当ブログのコメント: 宮崎さんが提言しているように「事後に検察の不起訴処分を審査するだけでなく、アメリカの大陪審のように事前に検察の起訴=公訴の当否を審査する場、検察が起訴に関する条件や判断の基準を国民側に開示する場」を制度として作ることが必要だろう。それは、現在の検察審査会を拡充したもの、でもよいだろう。

ブログランキングへ ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

マスコミには麻生政権は「支持する」ということで

最近、またまた麻生さんのクビが危なくなってきた。マスコミの世論調査では、麻生政権は「支持する」と答えた方がいいね(検察とマスコミを油断させておくために)

先日の麻生さんと鳩山さんの党首討論、鳩山さんはすごく良かったと思う。特に、「これが検察官僚のやることなのか」という鳩山さんの言葉は、「権力には屈しない」という反骨の気持が感じられて、すごく心に響いた。

国民の中で、今回の西松事件で検察不信・検察批判を抱いている割合がどのくらいなのか、よく分からない (マスコミは、世論調査で、「小沢代行の説明に納得したか」と並べて「検察の説明に納得したか」という質問をすべきなのに、全くしていないため)。

ただ、感触としては、検察批判の気持ちは、少なくとも6~7割の国民は持っているのではないかな(最近の韓国の前大統領の自殺の事件などからも、増えているのでは)。
最近の検察リークを垂れ流すマスメディアへの批判も同様だ。
民主党としては、検察批判・メディア批判を踏まえた検察改革とメディア改革の必要性を訴えて、それらをマニフェストに含ませることを是非、検討して欲しい。今の民主党は「野党」という権力を持たない(権力から弾圧される)弱い立場であり、その野党が検察批判・メディア批判をすることは、「権力に屈しない」という反骨の姿勢を国民に示すことになるので、プラスになると思う。
検察改革としては、「不起訴の独占」は最近の検察審査会法の改正で一部崩された。「違法な起訴」については、迅速な裁判ですばやく無罪判決が出るようにすれば、違法な逮捕・拘置に対する損害賠償( ? 特別法か何かがあるらしい)ができるので、一応の落とし前は付けられる。とすると、今後は、どんな改革が必要かな。例えば政治的な色彩のある事件に関しては、検察内部で逮捕・起訴を決めた経緯と議論の経過を記録して公表することを義務づけること、などはあってよいのでは。
メディア改革としては、欧米を参考にして、新聞とテレビを同じ資本が持つことを禁止することなどが必要だろう。新聞とテレビとは共に強大な力を持っているので、互いに牽制させる必要があるからだ。電波をオークションにかけることも必要だろう (テレビ局の収益の一部を、従業員の無駄に高い給与に配分しないで国庫に入れさせるため)。

ブログランキングへ ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月26日 (火)

自公政権がどれだけ足掻いても小沢秘書の無罪は動きようがない

日経ビジネスオンラインで、企業法務で著名な弁護士の久保利英明氏が、「メディア不振は、不信だろ」というタイトルで、「西松事件」に関連したメディア論を書かいている。以下にその冒頭の一部分を引用する。

先日の記事で話題にした小沢問題。一連の動きの中で検察の捜査姿勢に疑問が投げかけられたが、これは同時にメディアの報道姿勢にも向けられたものだと言える。 今回の事件で改めて浮き彫りになったのが、「特捜部が動いたのだからクロに違いない」という時代錯誤的な盲信がメディア、もっと具体的に言えば司法記者クラブに所属する記者たちにあるということだ。  彼らは検察から情報をもらわないと記事にできない立場にあるから、取材先を慮った姿勢になりがちであることは、構造上の避けがたい面もある。しかし、「検察発表」という事実を報道するだけでは、メディアの役割の一部を果たしたに過ぎない。  報道機関としての責務を果たすには、政治資金規正法の構成要件や政治家の資金集めなど、法律や政治にまつわる専門的見地から立件が妥当なのかの検証も欠かせない。しかし、それを行うだけの能力や意欲を、今のメディアは持ち合わせているのだろうか。」(太字と赤字は当ブログによる)

上記の「特捜部が動いたのだからクロに違いない」という時代錯誤的な盲信がメディア、もっと具体的に言えば司法記者クラブに所属する記者たちにあるということだ」、「報道機関としての責務を果たすには、政治資金規正法の構成要件や政治家の資金集めなど、法律や政治にまつわる専門的見地から立件が妥当なのかの検証も欠かせない。しかし、・・・」などの論調からみて、久保利英明・弁護士が今回の検察による逮捕・起訴に対して強い疑念を抱いていることが窺われる。(※久保利さんは、このことから出発して、最近の大手メディアの経営不振は、インターネットの台頭だけでなく、メディアの勉強不足に対する大衆のメディア不信が大きな原因だと論を発展させている)

民主党の第三者委員会での郷原・元検事と岩井・日大法学部教授との議論でも、政治資金規正法の「虚偽記載」の罪に関しては、「献金を振り込んだ(献金した)団体」の名前を書くべきで、「背後で資金を拠出した企業」の名前を書くべきではない(「背後で資金を拠出した企業」の名前を書くと、その方がむしろ虚偽記載になってしまう)、というのが「従来のそして現在の一般的な解釈」、つまり「多くの弁護士、学者、役所の間での常識的な解釈」ということだった。

このような「従来のそして現在の一般的な解釈」に反対している法曹・法律専門家は、今のところ、「検察だけ」だろう。

小沢秘書が無罪になることは間違いないだろう。これは、自公政権がどれだけ足掻いても、裁判官を買収・篭絡するくらいのことをやらないと、動きようがないと思う (※後進国では裁判官の買収・篭絡は珍しくないのだが)。近い将来、小沢秘書に無罪判決が出たときは、検察批判は当然として、「特捜部が動いたのだからクロに違いない」という時代錯誤的な盲信をしていたマスコミも赤っ恥をかくことになるだろう。

なお、公平を期して、検察側にとって有利な解釈の可能性も考えてみよう。上記の「従来のそして現在の一般的な解釈」を前提としながらも、なお小沢秘書を有罪とするための道(極めて細い道だが)、そのための解釈の可能性を検討すると、2つだけあると思う(私見)。

第1は、献金をした団体が「完全なペーパーだけで全く実体がない虚偽架空の存在」の場合。この場合は「完全なペーパーだけの虚偽架空の存在なら『献金する』という行為はできないはず、だから『献金する』という行為をしたのは背後の企業だ」という主張ができる可能性がある(郷原・元検事もこのような解釈をどこかで書かれていた)。しかし、今回の西松建設の作った団体は、代表者が常駐していた、年に数回のパーティを開いていた、事務所としてマンションを代表者名義で賃借していた、各会員が個別に会費を団体に振り込んでいたなどの「実体がある」ことを示す諸々の事実がある(西松建設の報告書に書いてある)ので、事実認定の問題として明らかに無理だ。

第2は、小沢秘書が「自分で主導して(西松と共謀して)ダミー団体を作って自分自身がダミーの状態を作出した(西松建設が勝手に団体を作ったのではなく、小沢秘書自身が一緒になって作ったのだ)」と言える場合。つまり、もしダミーの状態を自分自身が作出したのなら、その作出した者が自ら作出したダミーの状態を悪用して「ダミーの団体の名前を書けばよいはずだ」という主張をするのはおかしい、そのような主張をする資格はない、という解釈もありえる(民法の「背信的悪意者」や「通謀虚偽表示」と同じような論理 ? )。おそらく、検察はこちらの解釈を狙っていたと思う。だから、小沢秘書を逮捕して「自供」を迫ったのだと思う。

しかし、この解釈で有罪とするのも無理だ。まず、この解釈が裁判所に受け入れられる可能性はまずない。民事法では具体的妥当性から「背信的悪意者」などの融通無碍な解釈もありだが、刑事法では罪刑法定主義があるから、行為者の悪質性や認識内容によって「献金した者」が或る場合はAで他の場合はBだというような、予測可能性のない恣意的な解釈は許されない(「献金した者」に当たるかという構成要件該当性の問題は、故意か過失かという認識内容の問題の前に決めるべき問題だから)。だから、このような解釈を裁判所が認める可能性はない。また、万が一、このような解釈を裁判所が認めたとしても、「大久保秘書が自らダミーの状態を作出した」という事実は存在しないから、事実認定の問題として有罪にするのは無理だ。つまり、事実として、もし今回のようなダミーの状態を西松建設と一緒に作出した人物が居たとしても、それは、小沢秘書の大久保さんではなく、その前任者の高橋という現在は自民党から出馬予定の人物であるからだ(そのように多くの人がネットなどで書いている)。だから、これも、事実認定の問題として無理だろう。

ブログランキングへ ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

韓国でも「検察批判」が急増

韓国の検察が捜査対象としていた盧・前大統領が自殺したことで、韓国では日本以上に「検察批判」が急増している。

今日の東京新聞より一部引用。「盧氏は2002年12月、不正腐敗の脱却を掲げて大統領に当選した。就任後に取り組んだ改革の一つが「検察改革」だった。 検察は、歴代政権の「最高の権力道具」といわれてきた盧氏は、検事総長よりも若い女性弁護士を法相に起用し、序列人事の解消などに着手。検事総長が後に辞任するなど、検察内部の反発はすさまじかった。検察当局が退任後の盧氏をターゲットにして、全斗煥(チョンドゥファン)、盧泰愚(ノテウ)両元大統領に続き、14年ぶりに事情聴取した理由の一つと指摘する韓国メディアも少なくない。」(太字と赤字は当ブログによる)

また、今日の朝日新聞でも「李政権への批判急増」という見出しで、次のように書いている。「韓国の検察はかつて、国税庁や情報機関とともに、時の政権の意に沿った行動を繰り返してきた李大統領は就任後、「過去に検察の政治利用がなかったとはいえないが、私の政権では絶対ない」と明言したが、盧氏周辺の捜査には「政治色を帯びている」との批判が絶えなかった。少し持ち直していた李政権の支持率は再び下落傾向にあり、30%を割り込んでいる。」(太字と赤字は当ブログによる)

何か、どこの国も変わらないね。

それにしても、朝日新聞様は、韓国の検察に関しては「韓国の検察は政権の意に沿った行動を繰り返してきた」とか、「過去に検察の政治利用がなかったとはいえない」とか、えらく勇ましいことを書いているのに、いざ日本の検察のことになると借りてきた猫のように大人しくなっているのは何故なんだろうか。何か弱みでも握られてるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月23日 (土)

09年度補正予算は自公政権と官僚の「焦土作戦」

約14兆円の09年度補正予算案に関して、永田町異聞というブログを見てぶったまげた。以下引用。

「霞ヶ関は、衆院から参院に審議が移った21年度補正予算案で、基金という名の、別財布を30も増やし、計46基金に4兆3674億円もを貯めこむ魂胆であることは、すでに5月8日にふれた。 今回の補正は、経済危機対策を大義名分に、国が10兆8000億円もの新たな借金をして、14兆7000億円を大盤振る舞いしようとするものだ。 「とにかく何か予算を上げろ」という、選挙直前、麻生官邸の大号令。いくら、頭がいい官僚諸氏も、今年度のうちに投資できる新政策をすぐには思いつかない。そこで、3~4年の間ならいつでも使える「基金」という名のプール資金を天下り先に振り分けるという裏技を考えた。 それなら、たとえ民主党政権ができて、天下り団体への補助金をカットされてもしばらくは安泰だ。と考えたのかどうか、単年度主義を全く無視した基金のオンパレードに、参院予算委では民主党議員から「2年も3年も先のことまで今の時点で決めておくのか。憲法に違反するのではないか」との声も出た。 それに対する与謝野馨財務相の答弁が、政権中枢部の心中を垣間見せる。「民主党が政権を取ることを前提においているとしたら、少々おごりがあるのではないか」。 いつも淡々としたお方でさえ、そこまで政権の移転を意識しているのだ。それなら、今回の超大型補正に「次期政権が使えるカネは残さないとの思惑あり」と勘ぐられても仕方ない。 その与謝野財務相の答弁によると、基金の振り分け先は地方自治体へ2兆1318億円、独立行政法人に3250億円、公益法人に841億円、その他の法人等に1兆8265億円。その他の法人というのはいわゆるファミリー企業の類だろう。 つまり、2兆2356億円が独法、公益法人とそのファミリー団体に配分されると考えていいのではないか。 (中略) 基金を配分される団体のうち、雇用対策名目に7000億円を受ける中央能力開発協会は、最近、会計検査院に飲食など約3500万円の不正支出が指摘されたばかりの問題法人だ。 理事長は元厚労省労働基準局長、3人の常務理事も厚労省OBである。」(太字と赤字は当ブログによる)

この記事が正しいとすると、14兆7千億円の補正予算の中の2兆2356億円が、独法、公益法人とそのファミリー団体に「基金」として配分される。

つまり、今回の補正予算で、独法、公益法人とそのファミリー団体に配分される「基金」は、今後の数年間は、つまり民主党政権になっても数年の間は、独法、公益法人とそのファミリー団体が自由に使えるものとしてプールされるお金、ということだ。

要するに民主党に政権を明け渡す前に、なるべく資金を独法、公益法人とそのファミリー団体に移動・避難させようという自公政権と官僚の「焦土作戦」であり、民間企業なら「背任罪」に該当する可能性があると思う。

民主党は、今回の補正予算がもし成立してこれらの資金が配分されても、独法、公益法人とそのファミリー団体にプールされた基金を政権交代後に国庫に戻させる手当てを考えた方がよいのではないか。例えば、今回の補正予算で配分する資金は後の法律で国庫に返還させる場合があるという条件付きで配分するようにするとか。是非、国会で議論して欲しい。

補正予算についての記事はここ(毎日jp)も参考になる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月22日 (金)

「検察批判をしてはいけない」という政治家

今回の西松事件に関して、「検察批判をしてはいけない」という政治家が何人かいたが、印象に残ったのは、まずは民主党の岡田・現幹事長だ。

小沢さんの秘書が逮捕されて、小沢さんが「納得いかない」と批判したとき、当時の鳩山幹事長も「謀略の匂いがする」というような発言で検察批判をした。それに対して、岡田さんは、「検察批判はすべきでない」と発言していた。どういう意味で言ったのか、疑問に思った。

検察が悪いことをするはずがないという思い込みからならば、かなり感覚が鈍麻しているのではないだろうか。また、検察が野党党首を弾圧したとしても黙ってた方がよい(長いものには巻かれろ?)という意味ならば、「官僚統治の打破」を掲げる政党のリーダーの資格はない(検察はまぎれもない「行政機関」の一つであり、「司法機関」ではない)。

「検察批判をしてはいけない」という政治家で印象に残ったもう1人は、鳩山代表の弟の鳩山総務相だ。昨日(2009/5/21)の日経新聞夕刊の永田町インサイドの中で、「(兄は)してはならない検察批判までバンバンやった。私はそれがくやしい。」と発言していた。これを読んだとき、何で、と違和感を持ったのだが、鳩山総務相のような「政権側の人間の感覚」としては、これは極めてまともだと思った。政治権力を持った人間が検察批判をすると、検察に対する政治圧力になるので、厳に慎まねばならないからだ。

しかし、野党党首なら、権力を持ってないので、検察批判は問題ないし、むしろ、しなくてはならない。「検察を使って弾圧する側」である政権側と異なって、野党は、検察に「弾圧されている側」だからだ(ミャンマー軍事政権に弾圧されてるスー・チーさんと同じような立場だ)。

それで思ったんだけど、これから民主党がもし政権を取ったときは、その後は、権力側になるので、検察批判や検察改革を言い出しにくくなると思う(検察に対する政治圧力となるから)。だから、民主党としては、野党でいる今のうちに、検察批判を行って、検察改革とその道筋を立案して、総選挙のマニュフェストにきちんと入れるべきだろう。

ホリエモンのブログより 「・・・「国策捜査」って本貰いました。うーん、最近検察批判がすごいんだけど、どうなってんだろうね?ブームなのかなー?って出版社の人に聞いたら、やっぱり問題があるから批判されているのではないですか?との答え。まあ、そういわれてみればそうだよなあ・・・・。」

「国策捜査」だけでなく「検察の暴走」とか「検察の劣化」とか、これからどんどん本が出版されたりしていくんだろうな。検察にはきっちり落とし前を付けて貰わなきゃならない。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009年5月17日 (日)

民主党の第三者委員会への疑問

(民主党の第三者委員会に出した意見)

民主党の第三者委員会のホームページで、2009/5/13の第5回委員会議事録を見ました。その中に次のようなものがありました。

「6)小沢代表の説明および民主党の対応についての論点
(一)基本的な考え方として、小沢代表個人の問題と民主党の問題を分けることを前提に、政党が有権者の支持・理解を得るためには、どのような説明をすべきかを議論し、説明のあり方について議論を整理する。」

この議事録では、今回の小沢秘書への捜査の問題は、個人の問題であって民主党の問題ではないということを前提としているようでが、この前提は妥当でしょうか。

確かに、例えば痴漢などの個人的な犯罪の場合はそうだと思います。
しかし、今回は、総選挙の前に政権交代後に首相となるかもしれない最大野党の党首を「検察という行政機関」が捜査・逮捕・起訴を行って大きな政治的打撃を与えたということであり、「民主主義のルートで解決すべき政権交代の問題に対して検察という一行政機関が大きな影響を与えた」というものです。このような「民主主義に対する(行政機関による)攻撃」という観点からは、民主党全体として対峙すべき問題であり、単なる個人の問題とするのは余りに民主主義に対する感度が低すぎると思います。

追記: この点、鳩山さんは党人派だからか、よく理解されているようだ。産経新聞からの鳩山代表の会見の一部を引用

「確かに、今回の西松事件をみても、なぜに二階さん(二階俊博経済産業相)には及ばないのかと。小沢だけなのかと。誰しもがそう思う。すなわち、検察も官僚であるから、意図的な官僚の抵抗、なんとしても政権を維持しなきゃならんな、もし政権交代をしたら自分たちがどうなるんだろうと。そのような思いからではないかと思います。検察官僚の若い方々、入社…入社じゃない、検察官になったばかりの方々に対して、そういう形で、もし民主党政権ができたらお前らは追い出されるんだぞとか、あるいは給料が3分の1になるんだぞとか、そんな噂を聞いておりまして、大変けしからんぞと言っております。自民党政権を維持させるために、そのような噂を、うその噂を平然と流しているというのはとてもとても許されないものだなと、このように考えております。従って官僚の抵抗というものはすでに大変強く私どものところにメッセージが届いてきていると考えなければなりません」(太字は当ブログによる)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

小沢氏側へ献金した政治団体は「実体の有る団体」だったことが報告書で明らかに

西松建設から、今回の民主党・小沢秘書への献金問題についての報告書(PDF)が公開された。http://www.nishimatsu.co.jp/press/2009/20090515_2.pdf

この報告書の重要部分は、udonenogureさんのブログ「雑感」に転載されている。以下に僕が述べることは、報告書の引用部分を含めて、このブログに大幅に依拠させてもらっている。

この報告書の内容を見て、僕が注目したのは、西松建設が設立した2つの政治団体は、西松建設のダミーだとしても、決して「実体のないダミー」ではなく、十分に「実体のある団体」(仮にダミーだとしても「実体のあるダミー」)だった、そういう事実が、この報告書で明らかになっている、ということだ。

これは、小沢秘書側に有利に、検察側に不利に働く事実だと思う。

なぜ、この献金した政治団体が「実体のないダミー」ではなく「実体のある団体(実体のあるダミー)」であることが重要なのか。それは、政治資金規正法では、「献金をした団体」の名前を記載すべきで「背後で資金を拠出した団体」の名前を書けとはしていないので、今回の件では小沢秘書は「献金をした団体」の名前を書いたのだから「虚偽記載」はないというのが郷原・元検事や岩井・日大教授などの従来の解釈だ(検察の「新しい解釈」は別)。しかし、この「従来の解釈」による場合でも、「献金をした団体」が「全く実体のないペーパー団体のダミー」であるという場合は、例外的に「そのペーパー団体を操った背後の者」(本件なら西松建設)が「献金をした団体」だという「解釈」になる可能性があるからだ(郷原・元検事がそのような解釈を提示されている。下記の※参照)。しかし、仮にこのような「解釈」に立つとしても、この西松建設の報告書により今回の政治団体は「十分に実体のある団体(仮にダミーだとしても)」であることが分かったから、やはり、小沢秘書が「献金をした団体」の名前を記載したことは正しかったと思う (逆に、もし小沢秘書が「西松建設」の名前を書いていたら、従来の解釈からすると「虚偽記載」の罪になってしまっただろう)。

※郷原・元検事は、3月上旬のサンプロで「虚偽記載」の解釈について、次のように発言されている(こちらから引用)。

「ただ問題は、西松建設が実質的に出資した資金だと代議士本人か秘書が認識していればそれだけで直ちに「政治資金規正法違反」が成立するかというと、そうではない。
「政治資金規正法」では、寄附行為者の名前と寄附金額を「政治資金収支報告書」に記載することが義務付けられている。しかし、資金の実質的拠出者まで記載する義務はない

法律で義務付けられているのは、寄附行為者の名前と寄附金額だけだから、西松建設の2つのダミーの政治団体の名前と金額を記載すれば良いのであり、仮に政治家が実質的な拠出者を西松建設だと認識していても、政治資金規正法違反とはならない。
違反になるかならないかは、資金の拠出者が誰かということではなくて、この寄附行為者が本当に寄付行為者と認められるかどうか。
本当に全く実体のないペーパーのような存在であれば、(背後で操った者が(当ブログが付記))直接寄附をしたのと同じように見做されることになる。そこが捜査のポイントになる


西松建設が2つのダミー団体を支配していたとしても、政治団体として実体があれば、その実体のある政治団体の名義の献金となる。
それ以上に、政治団体とは認められないような、まさにペーパーのようなダミー団体の実体が全くないものでなければ政治資金規正法違反とすることは難しい
」(太字は当ブログによる)

以下に、上のudonenogureさんのブログ「雑感」から報告書の内容を引用させてもらいながら、この政治団体が「実体のある団体」だったことを示す(証明する)事実をいくつか指摘してみたい。僕のコメントは青字で示す。また、以下の引用部分の太字は当ブログによる。

西松建設の報告書の一部の引用(以下の(1)~(8))
(1) この政治献金の仕組みの概要は、次のとおりである。まず、國澤は、政治団体の設立準備を行わせる部長クラスの社員を1 名選任し、同人に推進役を務めさせた。この際、國澤は、政治団体の代表者には当社との雇用関係を持たない者が就任すること、政治献金の原資は当社の社員が個人からの寄附を装って政治団体に寄附をするものの、その前提として、当該社員に対しては、特別賞与と称して寄附金額を超える金銭を支給することを決定した。要するに、当社がその計算と資金によって政治献金を行うのであるが、名目はあくまでも個々の社員が個人献金として当該団体に対しての寄附をしたかのように装うものであった
(中略)
3 政治団体の資金工作としての特別賞与制度等
平成7 年夏ころ、政治団体「新政治問題研究会」が設立されることとなった。献金を行う趣旨に関しては、工事の発注を得たいという積極的な動機よりも、受注活動を妨害しないでほしいという消極的な理由もあったと供述する者もいた。
社員による政治団体への寄附の原資に関しては、当社が一部の社員に対して特別賞与の名目で金銭を交付し、その代わりに当該社員から年に2 回、政治団体への寄附をさせていた。(中略)
※この中では、2つの事実が重要だ。第1は、「政治団体の代表者には当社との雇用関係を持たない者が就任すること」、 第2は、「当該社員に対しては、特別賞与と称して寄附金額を超える金銭を支給すること」、つまり、「社員への特別賞与」と「社員の寄付」とは、その額も時期もズレており一致していた、という事実が存在している。
(2)会員とする社員は、当時の幹部社員が全国の支店を回って、一人一人勧誘し、会員となる旨の了解を得ていった。当初の会員となった社員数は、約220 名であったが、退職するなどして徐々に減っていった。(中略)
※会員とする社員は「機械的に」選んでいたのではなく、「一人一人勧誘して、了解を取って」、会員になってもらった。つまり、「強制」ではなく、各社員の「自由意思」で会員になってもらったということだ。
(3)前記の経過を踏まえて、新政治問題研究会の代表者に就任することとなった元社員は、本社担当部長とともに、会員になってもらう社員の勧誘のため、全国の支店を回り、並行して、政治団体設立のための勉強を続けた。政治団体の事務所は、平河町の賃貸マンションを借り受けた。賃借名義は代表者となった者の個人名義とした
政治団体の代表者は、全国の西松建設の支部を回って個々の社員に会員になってくれと勧誘しながら、「自分で勉強して」政治団体を設立した。平河町の事務所のマンションも、代表者が自分の個人名義で貸借契約をした。団体はかなりの「独立性」を有していたことが分かる。
(4)5 政治団体の資金の徴収と支出等
政治団体の収入は、前記のとおり会員となった社員からの寄附であった。ただし、新政治問題研究会の設立後の数年間は、前記のとおり特別賞与制度によって会社の資金を社員に給付し、その中から献金させるという仕組みに加え、当時の取締役も、かかる特別賞与制度の恩恵を受けることなく、いわゆる「自腹を切る」ことによって、寄附を行っていた。ただ、これらの取締役からの寄附については、社員と異なって会社からの補てんがないことに加え、金融機関等の外部から取締役として迎えている人物もあることを理由として、数年で廃止した。
※当初の数年間は、社員ではない取締役は「自発的に、自腹で」会費を払っていた
(5)会員からの寄附の徴収は、会員となった社員に対して振込用紙を交付し、送金させる方法であった。振込用紙は、政治団体側で作成して、これを本社及び各支店事務担当者に交付し、その者を経由して、これを各社員に交付した。(中略)
各社員は、振込用紙により、自分で個々に会費を振り込んでいた(会社が代行して一括振込みしていたのではない)。ここまでやるとなると、「実体がない」とは到底いえないと思う。

(6)6 政治団体の収入源
二つの政治団体の収入源は、大別して、3 態様に分類できる。
メインとなるのは、既に述べたとおり、特別賞与加算金を背景にした、当社社員からの会費と称する寄附金である。二つ目は、これも前記のとおり、取締役からの自発的な寄附金である(ただし、新政治問題研究会の設立から数年間に限る。)。その金額は定かではない。
三つ目は、これら二つの政治団体が独自に主催するパーティーでの収入である。両政治団体は、政治資金パーティーによっても収入を得ている。平成12 年以降、「新世紀政経懇談会」(新政治問題研究会)、「フォーラム21」(未来産業研究会)と題した政治資金パーティーを両団体とも年に3~4 回開催している。政治資金パーティーは、当社の本社及び各支店から資金を支出する名目として存在したのみであり、パーティーの名称こそ、上記のとおり「新世紀政経懇談会」、「フォーラム21」などと、もっともらしいものを付けていたが、実際にはパーティーとしての実体は存在せず、昼食時間帯を充て、本社近隣のホテルの会議室を借りて当社の社員数名を呼び集め、1 人当たり数千円規模の簡単な昼食を取ったのみで、会食後散会していたにすぎなかった。1 回のパーティーで集められる資金が平均200 万円であったところ、会議室使用料と簡単な昼食代金だけでは費用が10 万円にも満たず、僅少に過ぎるため、新政治問題研究会の代表者らは、パーティーの準備もしくはチケットの広告宣伝のために多数回の出張をしたかのように装って架空の交通費等を数十万円計上し、それにより正当にパーティーが開催されたかのように装った。この行為によって浮かせた資金は政治団体の裏金として蓄積し、その後、経費の一部として費消していたものである。
このようにして当社から支出されたパーティー券の対価は、平成12 年以降、52,420千円(資料が押収され確認できないため、一部推定金額を含む。)に上る。
昼食時間帯にホテルの会議室を借りて、数人が集まって、1人当たり数千円の昼食を食べながら議論するというパーティを、毎年、3~4回、行っていた。規模は少なくても、一応の会議というかパーティはやっていたという事実がある以上は、「実体がない」とは言えない。
(7)7 政治団体の収支
当社が支給した特別賞与加算金の負担額と、政治献金の実績を比較検討した結果は、以下のとおりである。
(当社の負担額)
二つの政治団体である「新政治問題研究会」及び「未来産業研究会」による与野党国会議員関係などへの政治献金や、パーティー券購入などの総額は、両団体の政治資金収支報告書等の記載からある程度明らかとなるものではあるが、この政治献金の原資は、実質的に当社によって支払われていたもので、当社の負担額は、当該社員らの税金分を含むために、これよりもはるかに多大であり、特別賞与加算金の総合計では11 億円の規模に達し、これにパーティー券分52,420 千円が加算されるものと認められる。
(中略)
この特別賞与加算金制度は、平成7 年の冬季賞与から始まっており、この加算制度によって、多くの社員に対して一定金額を支給してきた実績があった。平成17 年の冬季賞与まで通算21 回の支給で延べ3,128 人、総額1,103,280 千円が当社の負担により、社員に支給されている。
(中略)
問題となる特別賞与加算金を過去に受領したことのある者は359 名いることが判明し、現在(平成21 年5 月1 日時点)も139 名が当社に在籍している。ただし、具体的な上乗せ金額は本人に知らされず、政治団体への加入の勧誘を受けた際には「賞与で上乗せするから寄附をしてくれ。」と言われていたにすぎなかった模様である。
※団体の会員となった社員は、「賞与で上乗せするから寄付をしてくれ」と頼まれて寄付をしていたが、上乗せされる賞与の額は知らされていなかった。つまり、各社員は、上乗せされる賞与の額が自分がする寄付の額より多いか少ないか(同じかどうかも)知らされていなかったまた、「賞与で上乗せするから寄附をしてくれ。」といわれていたとしても、そもそも「賞与」とは、本当に支給されるかどうか不確かなものだ(たまたまその後の会社の業績が赤字になったら賞与はゼロになってしまうかもしれない)。これらの事実からみて、個々の社員からの寄付は「(依頼によるとしても)自発的な自由意思によるもの」という色彩が濃いと思われる。
(8)(両政治団体の収入金額)
特別賞与加算金の交付を受けた社員は、必ずどちらかの政治団体の会員になっており、政治団体から指定された会費を支払っていた。
上記のとおり、当社は、特別賞与加算金として約11 億円を支給し、両政治団体に対してのパーティー券購入として52,420 千円を支出したものの、社員らの税金負担等で差し引かれ、政治団体に届いた金銭は、合計で591,357 千円(会費による納入額とパーティー券収入の合計額)と推定される。
(両政治団体の支出金額)
両政治団体では、総収入591,814 千円のうち、103,758 千円を人件費など政治団体の運営等に使用した。政治活動に使用されたのは488,055 千円で、他の政治団体への献金やパーティー券購入に使用されたのは478,239 千円、政治活動の経費として9,816 千円が支出されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

日本郵政社長の解任権限はどうなってんの?

この度の日本郵政の西川社長への国会議員による刑事告訴に関連して、読売新聞によると、次のように報道されていた。

また有志議員は同日、西川社長を解任するよう、鳩山総務相に文書で申し入れた。 申し入れについて、鳩山総務相は閣議後の記者会見で「私には社長を解任する権限はない」と述べた上で、日本郵政の6月の株主総会後の新体制について、かんぽの宿問題などへの対応を認可の判断材料とする考えを強調した。(太字は当ブログによる)

日本郵政は日本政府が100%株主だと聞いたことがあるが、「総務大臣には解任権限がない」という鳩山総務大臣の発言は、「株主総会で取締役を解任する権限は、総務大臣にはない」という意味だろうか。

もしそうだとしても、政府(100%株主)は「株主総会で取締役を解任する権限」を持っていると思う。通常の株式会社なら100%株主が株主総会で取締役解任の提案をして意思表示すれば終わりと思うが、日本郵政の場合、「株主総会で取締役を解任する」ためには、どのような手続が必要なのだうか? 内閣の決議でよいのか、国会での決議が必要なのか、どこかに規定があるのだろうけど・・・。

追記: 上の記事はミスリードなのかな。日本郵政株式会社法では、日本郵政の取締役を総務大臣が「認可」する、ということらしい。他方、毎日新聞によると「鳩山総務相は日本郵政の役員人事の認可権を持つが、野党3党は「臨時株主総会で解任する方法もある」としている。」らしい。

追記: 2009/5/20付け日経新聞によると、日本郵政の株式総会に出席できる「株主」は財務大臣らしい。どういう理屈かよく分からないが、おそらく、日本郵政の配当を受領するなどの株主権の管理を財務省がやっているからだろうか。だから、「株主総会で日本郵政の取締役を解任する権限」は財務大臣が持っており、「それを認可する権限」を総務大臣が持っているということらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月14日 (木)

だんだんと検察批判の記事が増えてきたような・・・

小沢秘書の不当逮捕(国策的捜査)に関する「検察批判」は、TheJOURNALなどのネット・ジャーナリズムだけで、大手新聞社やその系列では、週刊朝日を除いて、皆無だったが、だんだんと少しずつ増えてきた、そういう流れがあるような感じがする。

今日(2009/5/14)の日経ビジネスオンラインの「小沢に潜む「小泉」「角栄」の顔」の最後のページに検察批判の記事を署名入りで載せていた。日経ビジネスの読者はB層じゃないから、読者を失わないためには「嫌でも書かざるを得ない」という状況だろう。

ただ、この記事は、「小沢が辞任したから、検察の捜査の妥当性を追及することが難しくなった(残念だ)」みたいな論調で、どうも、マスコミはもうこの問題は取り上げませんよと「早く幕引きさせよう」とする本音が少し透けて見えるのだが、どうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「小沢に近い」人だと何が問題なの?

TheJOURNALの田中良紹さんの論説の中で、「検察は逮捕時には小沢さんが直ぐ辞めれば起訴はしないというサインを(家宅捜索のときの捜索の内容で)送っていた」とありましたが、もしそのとおりだとすれば、検察も当初は小沢秘書の「虚偽記載」は法解釈上無理だと思っていたが、小沢さんが辞任しなかったので止む無く法解釈を無理やり変更して起訴したということだと思います。

今後の裁判の行方が気になります。
僕はおそらく裁判所が「検察の新しい法解釈は(罪刑法定主義から無理があり)失当である」と言って無罪判決が出ると思いますが、そのとき、マスコミや検察は小さく報じるだけでスルーしようとして、今、いろいろ画策しているのではないでしょうか。

つまり、初公判が何時の予定なのか、全く分からない。無罪判決が出ることを恐れて検察が延ばしている可能性も十分にあると思います。ほとぼりが冷めた頃に無罪判決が出るようにしようと画策しているのでは?

それから、今の民主党の代表選びで、鳩山は「小沢に近いから・・・」ダメだと言ってるマスコミが多いが、「小沢と近い」ことが良くないという立場は、「今後の政治には、小沢の果たす役割はない方がよいし、その必要もない」ということを前提にしているのでしょうが、その前提の根拠は何か?

マスコミは、本当に「今後の政権交代後の政治の中で、小沢に重要な要素を担って欲しくない、その必要はない」と考えてるのでしょうか?

僕はそのような前提は正しくないと思います。およそ、政治が「戦い」である以上、こちらの戦力の内容は敵の戦力の内容に応じて選ぶ必要があり、敵が数十年間続いた「自民党、検察、官僚、マスコミ」などの海千山千の複合体であるなら、こちらもそれに対抗できる戦力を備える必要があり、原理原則だけ唱えればよいという昔の社会党のような人たちだけで対抗できるはずはない、だから、小沢さんの政治力が必要とされる状況が直ぐに来ると思います。

今の民主党内の一部の「小沢さんに近いのはダメ」という議論は、選挙向け(特に無党派訴層向け)のイメージだけ考えたもので、政権交代後のことは何も考えていない近視眼的なものでしかないと思います。

※他のサイトのコメントからの情報だが、「NHKの優良農地の転用問題で、商業地として売った先として、イオン・ジャスコのビルがしっかり、TV画面に出ていた。田中良紹氏ご指摘のとおり、もうとっくに岡田のスキャンダルは自民党・検察によって仕込んである」そうだ。だから、自民党やマスコミの「岡田だと自民は危ない」キャンペーンは、裏読みをしなくてはならない、それぐらいの情報リテラシーは今は必要だろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

国民による、マスコミの世論調査を利用した世論誘導戦略?

今日(2009/5/13)の日経ビジネスオンラインによる小沢辞任を受けた緊急アンケート結果「岡田代表で補正予算成立後に選挙を」は面白かった。以下に一部引用(次期代表戦の部分)。

支持政党を民主党と答えた読者で見ると、岡田副代表が全体の49.1%を占め、次点が鳩山幹事長の17.4%、3位が菅代表代行で16.4%となり、読者全体の評価同様に岡田副代表が圧倒するが、違うのは2位に鳩山幹事長、3位に菅代表代行が浮上し、前原副代表は4位に下がり全体に占める比率も7.3%と引き下がっている点。  支持政党を自民党と答えた回答者の中では、前原副代表は岡田副代表を抜いてトップとなっている。自民党支持者の中で占める比率は前原副代表が35.5%で岡田副代表が32.9%、一方で鳩山幹事長は8.1%、菅代表代行は6.4%となっている。 自民党支持者が、小沢代表の直前そしてその前に代表を務めていた前原及び岡田の両副代表を支持するのは、岡田代表時代には2005年の総選挙で民主党が大敗しており、前原氏は偽メール事件で代表辞任に追い込まれたことなどが影響している可能性がある。」(太字は当ブログによる)

これを見ると、既に多くの人たちが「国民による、マスコミの世論調査を利用した世論誘導戦略?」を実践していることが分かる。

例えば、上のアンケートでは、自民党支持の人たちの多くが、「誰が次の民主党代表に望ましいか」という質問に対して、「自民党にとっては民主党が弱体化することが望ましいが、そのために適した代表は誰か、そして、そのような代表を民主党が選ぶように仕向けるためには、この回答にどう答えればよいか」を考えながら、「前原」と回答している、ということだ。

これからは僕も、世論調査で聞かれたら、自民党と検察とマスメディアを油断させておくため、望ましい首相は「麻生」、内閣は「支持する」と答えよう^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

小沢辞任は無罪判決を取りに行くってことかな

民主党ホームページの小沢辞任会見の動画を見たが、小沢さんは強気で元気だった。

日本テレビの女性記者が「辞任が遅すぎた、離党や議員辞職は考えないのか?」と質問したときは、イラッとして、「私は何も悪いことはしていない(だから離党や議員辞職などあるわけない)」と心外のように言ってたけど、全くそうだ。この女性記者は、まだ小沢秘書が政治資金規正法違反の「虚偽記載」で有罪になるとでも思っているのだろうか? もう少し勉強して欲しい。こんなアホで勉強不足の人に質問されると誰だってイラだつのは当たり前。

政治資金規正法は「資金を背後で拠出した企業」ではなく「献金をした(振込みをした)団体」の名前を書けといっているのだから政治団体の名前を書いたのなら「虚偽」はなくむしろ西松建設の名前を書く方が「虚偽」になってしまうというのが従来の解釈であって、検察の西松建設の名前を書くべきだという解釈は小沢秘書を有罪にするために検察が従来の解釈を急遽捻じ曲げて新しく作り出した解釈に過ぎず、このような「新しい解釈」は裁判でも認められない可能性が高いということは、郷原・元検事が2ヶ月前から言ってるし、民主党の第三者委員会での日大の岩井教授と郷原さんとの議論の動画を見ればB層でも直ぐに分かることなのに、この記者はまだそれさえも見ていないのだろうか? (週刊朝日(5月15日号)の「サルでもわかる『小沢が辞めてはいけない』理由」の一部がここに引用されているので参考)

昨日(5/11)の日経でも田勢康弘というコラムニストが「検察と戦って政治家サイドに軍配が上がったことがあるという話はとんと聞かない。」という過去の経験を持ち出して論じていたが、自分が見聞した過去のことだけ思い出してそれ以上の知識や思考が停止しているのが分からないのかな。つくづく今回はマスコミのレベルがよく分かったよ。

僕としては、小沢さんに総理大臣になって欲しかったが、まぁ、仕方ないね。

僕は何かというと直ぐ今回の「検察の暴走(国策的捜査)」に結び付けて考えてしまうのだけど、この会見を見て、小沢さんは弁護団と話し合って早めに無罪判決を取ってやろうとしたのではないかなという気がした。

つまり、これから5月中に公判が始まって冒頭陳述があると、またいろいろマスコミに書かれてしまうので、少なくとも都議選には不利になるが、いつまでも公判を延ばすわけには行かない。また、総選挙で勝って政権交代した後もまだ公判を抱えたままだと、政権の内部に(例えば副総理などで)入って霞ヶ関改革(検察も行政機関の一部)などを行うことができない。少なくとも第一審で無罪判決を取っておけば、検察が控訴しても、政権に入ることはできる(世論も許容する)だろう。

そう考えると、裁判の第一審だけはなるべく早く片付けた方がよい(あくまで無罪になるという仮定だが、その可能性は高いだろう、まぁ弁護団がどう考えるかだが)。早めにやれば、総選挙前に第一審判決を出すことは日程的に可能と思う(特に、事実関係を争わないで「虚偽記載」の法解釈を争点の中心にすれば早く済む)。

とすると、公判での検察による冒頭陳述は、裁判員制度が始まる5月21日以降のなるべく早い日が有利だ。なぜなら、裁判員制度が始まると、報道ガイドラインが働くので、マスコミは検察の主張だけの垂れ流し報道(裁判員に予断を与えるような報道)ができにくくなるから。もちろん小沢秘書の公判は裁判員の対象事件ではないが、報道ガイドラインは小沢秘書の事件を含む全ての事件にも適用されると思う。

総選挙前に無罪判決を取るように、早めに公判を進行させて行こう、そのためには代表のままだと動きが取り難い(マスコミが色々とうるさい)ので代表を辞した方がよい、ということではないだろうか? いや、まぁ、僕の勝手な推論なんですけどw

追記1: 2009/5/12の日経ビジネスオンラインで、弁護士の久保利英明氏も僕と同じように裁判戦略に着目している。「小沢潔しで矛先は検察に向かう」という見出しのインタビュー記事で、「この辞任は政治上はともかくも裁判戦術上は長けている」と発言している。以下に一部引用。

「小沢一郎代表の辞任表明は、検察への牽制になることは間違いない。辞任表明で世論の中にも、「小沢潔し」という声も生まれてくるだろう。日本人は追い込まれた格好の側をひいき目に見る特性もある。 そうした状況の中で、検察は起訴した公設秘書、大久保隆規・被告人の公判の冒頭陳述で下手なことを言えなくなる。そこで確たる証拠を示すことができなければ、「そんなことで野党第1党の党首の秘書を逮捕・起訴したのか」となり、批判の矛先が今度は小沢氏から検察に向かうことになるだろう。」(太字は当ブログによる)

追記2: 今日の朝日新聞によると、「裁判関係者の間では、総選挙への影響がないように、最初の公判は総選挙の後になるだろうという見方が多い」とあった。もしそうなるとすると、総選挙が終わってもしばらくしないと無罪判決は取れないということになるが、それは妥当だろうか? 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年5月11日 (月)

今回の検察の暴走(小沢秘書の逮捕起訴)は既存勢力の断末魔だって

TheJOURNALの高野孟さんとの対談で田中良紹さんが「今回の検察の小沢秘書逮捕は追い詰められた既存の体制側勢力の最後の断末魔の叫びだろう」って言ってたけど、なるほどなと思った。

小沢さんが政権を取れば、検察・法務省も改革される、外務省や防衛省が隠してきた沖縄返還時の密約なども公開される、小沢さんはどのように霞ヶ関を改革するのか具体的なことをまだ述べてないのでこの先どうなるのかすごく不気味だ、それで霞ヶ関全体が不安で浮き足立ってて、追い詰められた雰囲気の中で、検察が暴走して今回のような無理筋の事件を起こしたのだろう、という見立てだ(検察は「司法機関」ではなく「行政機関」だから霞ヶ関の一部)。

今回の事件によって、今までは多くの国民にまあ信頼されていた検察やマスコミも馬脚を晒してしまった。別に今回、急にそうなったのではない、ずっと前からそうだったのが、見えなかっただけなのだ。それが、今回、多くの国民にバレてしまった。仕方ないねw

今まで、マスメディアは、社会党がなくなった(一部は社民党になった)後も、昔の社会党のような役割を果たしていた。高いところからご隠居のように「今の政治はだらしない」というような批判・批評をしていれば、それで問題なかった。昔の社会党が自民党に寄生しながら批判していればそれでよかったのと同様に、マスコミも現体制に寄生しながらそれを高みから批判していれば良かった。それが、寄生している現体制が崩れるかもしれないということになって、マスコミはどうしていいか分からなくなって馬脚を現してしまった。

ずっと前から、マスコミにも、自民党と同様に人材の劣化はあったんだろうけどね。それは見えなかった。それが今回、検察リークを垂れ流して世論を印象操作し、それに対して何の反省もしない(それどころか、自分たちのメンツからも「小沢代表の辞任」が"落としどころ"だとして、社説やテレビなどで検察に協力している)という事態になって、多くの国民が「これはどうなってんだ」と驚くようになったまでは。

今、マスコミ、特に新聞は、ネット・ジャーナリズムが台頭してきて、広告収入も前年の60%まで落ちて、購読部数も激減するなど、経営の屋台骨がぐらついてる。ネットにより「相対化」されてしまったマスコミは、高みから見物・観察してるだけの「ご隠居」ではなく「当事者」になってしまった。倒産するとかあの記事は何処からの圧力によるものだろうというような取材・批評の対象になってしまったという意味での当事者と、ネット・ジャーナリズムと競わされてしまう(観客は国民)という意味での当事者と。

今の新聞は、「潮」や「第三文明」など創価学会の雑誌の広告や聖教新聞の印刷代行(最近は朝日も始めたとか?)で何とか食いつないでいるから、創価学会や公明党の批判は全くできない。

ネットでは、今回のマスコミの偏向報道を受けて、新聞の購読中止(それとNHKの受信料支払い拒否)をしようという運動もあるようだ。新聞は、このまま潰れるか改革するかどちらかしかないところまで来ていると思う。どちらでもいいけど。後はテレビをどうするかだ。まだテレビは経営的にそれほど困ってはいないようだ(地方局は大変なことになっているらしいが)。これもそのうち何とかなってほしい。

今回の検察の暴走は、今まで隠されてきたものが顕わになってくれたという意味ではすごく良かったのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年5月10日 (日)

「小沢辞めろ」の社説は思考停止が原因

週刊朝日の山口編集長のブログ(親会社である朝日新聞を批判する内容を一部に含んでいる)は勇気ある発言だと思った(以下に一部引用)。

「・・・それはさておき。アップしてから高野さんの原稿を読んでハタと気づきました。そうだよなぁ、「小沢おろし」に奔走する民主党議員が民主主義を否定する勢力なら、新聞も反民主主義ってことになるよなぁ(当然、うちの親会社も含まれますな)。頭痛い!。(中略)

TheJournalの読者ならおわかりだと思いますが、まず最大の飛躍は、単なる政治資金規正法違反違反が故意に「政治とカネ」の問題にすり替えられていることでしょう。しかも、その政治資金規正法違反自体が、実は検察の故意かミスかはわかりませんが、法解釈の間違いなので、各紙の社説はいずれも前提からして成り立たないというわけです。

 ひとことで言えば、政治資金規正法に関する勉強不足です。(中略)

 〈規正法上の虚偽記載は「5年以下の禁固」の罰則が設けられた思い犯罪である〉(産経)と、いずれも秘書が「虚偽」の記載をしたことを前提に論を立てていますが、間違いです。郷原さんが指摘しているように、政治資金規正法では寄付の「行為者」を報告書に記載することになっているので、秘書は法に則り「正しい記載」をしたことになるのです。たとえ秘書が資金の拠出者が西松建設だと認識していても、法的にはむしろ政治団体の名前を書かなければいけないわけです。」(太字は当ブログによる)

朝日、読売、毎日、産経、日経とほとんどのマスコミが「小沢辞めろ」という社説を書いてたが、それを書いた編集委員の人は「小沢秘書が政治資金規正法違反の虚偽記載の罪に該当して有罪になる」ことを前提としていたと思うし、この前提そのものも「検察の捜査・起訴に間違いはない(従来の有罪率は99%)、検察の法解釈に誤りはない」という思い込み(思考停止)に基づいたものだった。

もし自分に政治資金規正法違反の虚偽記載の法解釈をする力が無くても、総務省、法務省、2-3人の専門家に取材すればすぐ分かることなのに、それもしなかったのは、「検察に間違いは無い」という思い込み(思考停止)からだろう。つまり、「論理的思考」からはほど遠い、イメージに基づく感情的議論に過ぎなかった。

なお、上記ブログで、山口編集長は「(検察の)法解釈の間違い」と表現されているが、今のところは「従来の法解釈とは異なる、検察だけの新しい法解釈」ということだ(検察が秘書を有罪に持っていくためには、この「新しい法解釈」を裁判官に認めてもらって「新しい判例」を作ってもらうしかない)。まぁ、この検察の「新しい法解釈」は、そのうち、本件の判決が出たら、その中で裁判官から「そのような検察の法解釈は(罪刑法定主義から無理があり)失当である。」とか言われるのだろうけどw

また、各マスコミは「小沢氏は巨額の企業献金・蓄財に対する疑惑があるから代表を辞めろ」とも主張している。しかし、山口編集長も言っているが、もともと「政治家が献金によって集めた資金で政治活動をするのは当たり前」のことだ(米国の大統領選挙時のオバマ氏への献金などを考えれば明らか)。献金に名を借りた収賄などがあれば別だが、そうでないならば、全く問題はない。

しかも、「巨額」の献金と言っているが、最近の報道によれば2007年度の総収入金額では小沢氏は政治家の中で71位、同企業献金額では27位に過ぎないから、特に「巨額」というほどではない。

これも、「事実」を取材すればすぐ分かることなのに、それをもしないでイメージだけで議論をしようとして論理が破綻してしまった典型だろう。郷原・元検事の言う「思考停止」に陥ったのが最近のマスコミの論調であり、自民党と同じような人材の劣化に陥っているような気がする(もうマスコミは自民党内の人材の劣化などと書けませんね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

未来の夢科学絵画展(2009年4月展示)

2009年4月に東京上野・国立科学博物館で展示された「未来の夢科学絵画展」(発明協会主催)の入賞作品が発表された。全部で20点くらいあったが、その中で良いなと思ったもの3点についてメモしておきたい。

毎年、この「未来の夢科学絵画展」を見て感じるんだけど、子供には皆、大発明の才能があると思う。

「食べ物しか切れない不思議な包丁」(山口県の小学校5年の女子の作品)・・・人を切ろうとすると包丁からメロディが流れて、優しい気持ちにさせて殺人などを防ぐ包丁。 (コメント) これは、人感センサとこのセンサからの出力に基づいてメロディを出力する小型スピーカ(バースデイカードなどに内蔵されているもの)を包丁の柄に取り付けて周りを防水処理すればよい。そうすれば、「包丁を持っている人が前方の人間を刺そうとしているときは、前方に人間が居ることを人感センサが検知してスピーカからメロディを出して包丁を持っている人の気持ちを静めるようにする、という包丁」は、直ぐに実現できそうだなと思った。

「体感した感動がメロディになる演奏服」(岐阜県の中学校2年男子の作品)・・・カラダ全体で受けた感動を演奏服が感知して、それをメロディに変換して出力する、というもの。

「光合成をする家」(岡山県の中学校2年の女子の作品)・・・家の屋根や壁に光合成をする物質(植物?)を付けて二酸化炭素を減らしていこうというもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

韓国の検察による国策捜査?への報道姿勢と日本の検察への報道姿勢との違い

今回の小沢秘書への政治資金規正法違反の国策的?と言われている捜査は、日本が本格的な政権交代に入るときの摩擦熱のようなものだろう。他の多くの国(とくに後進国)でもあることなので、日本でそういうことが在ったとしても不思議はない。

2009/5/1付け新聞を見ると、韓国でも、最近、支持率アップを狙う現政権が、検察を使って最大野党・民主党側の盧(ノムヒョン)前大統領の事情聴取をしており、日本の小沢秘書の事件とかなり似た展開になっている。

ただ、韓国の方は既に選挙が終わって政権交代した後の前政権側を捜査しているだけので、これから政権交代しようとする野党の代表側(秘書)を逮捕・起訴した日本の例とは大きく違う ( 政治的影響は日本の方がずっと大きい)。

以下に、この韓国での前大統領の事情聴取に関する日本の各新聞の記事の一部を引用する。

2009/5/1付け 日経新聞「韓国前大統領を聴取」より

・・・捜査の背景には、政権浮揚へ野党勢力の揺さぶりを狙う李明博(イ・ミョンバク)政権の思惑を指摘する向きもある。・・・前大統領の疑惑浮上の後、李明博(イ・ミョンバク)大統領の支持率は上昇した。ソウル大の張達重(チャン・ダルジュン)教授は「多くの国民は検察が政権の意向で捜査していると疑わない」と指摘する。・・・(太字は当ブログによる)

2009/5/1付け 朝日新聞「韓国・盧前大統領を聴取」より

・・・一方で今回の「大統領の犯罪」に関しては、法曹関係者らの間から、立証は難しいのではないかとの見方が早くも出ている。・・・高卒後に独学で司法試験に合格した経歴を持つ前大統領は就任直後、人権派の女性弁護士を法相に起用し、序列人事の解消など「検察改革」に半ば強引に着手した。当時から検事らの強い反発を買っていたことを、改めて指摘する韓国メディアもある。・・・(太字は当ブログによる)

2009/5/1付け 読売新聞「盧前大統領を聴取」より

・・・韓国最高検が30日、盧(ノムヒョン)前大統領(62)の事情聴取に踏み切ったことで、疑惑追及の政治的背景に関心が集まっている。李明博(イ・ミョンバク)政権と与党ハンナラ党は支持率が伸び悩んでおり、盧氏のスキャンダルを機に、前大統領の政治活動再開や最大野党・民主党を封じ込めようとしたのではないかとの見方が浮上している。・・・韓国・崇実大の康元沢教授(比較政治学)は「捜査の背景には、前政権の影響力をそぎ落とし、現政権の基盤を強化する目的があると見るべきだろう。こうした動きは過去のどの政権にもあった」と指摘している。・・・(太字は当ブログによる)

これらの日経、朝日、読売の各新聞の記事を見て感じるのは、韓国の検察による最大野党(民主党)側の前大統領の事情聴取に関して、日本のマスコミが、「国策捜査」という見方を前面に出したかなり「勇ましい」論調の記事を出しているということだ。

しかし、他方、同じ日本のマスコミである日経、朝日、読売の各新聞は、日本の検察による最大野党(民主党)の小沢代表秘書の逮捕・起訴に関しては、国策捜査の見方を前面に出して報道することはなく、かなり「おとなしい」論調に止まっている。

つまり、日経、朝日、読売の各新聞は、韓国での野党側への検察の捜査についてと、日本での野党側への検察の捜査についてとで大きく報道姿勢を変えており、韓国の検察については国策捜査だろうという反権力の視点に立った論調であるのに対して、日本の検察については権力追従的でおとなしい論調に止まっているというように、極めて「対照的」な報道姿勢となっている。

これは、おそらく、日本の各マスコミが、①記者クラブ制(検察などの官庁とマスメディアとの癒着の温床。外国では一般的ではない)のため検察に遠慮していること(検察に不利な記事を書いて後で検察から自社だけ干されてリークしてもらえなくなることを恐れている)、②広告の大スポンサーである創価学会=公明党に遠慮していること、などが原因ではないだろうか?

早いとこ、小沢・民主党への政権交代を実現させて、記者クラブ制の廃止、検察改革などに着手すべきだと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

ETCによる割引制度は不当(合理的理由のない差別)だとする訴訟は正論だろう

痛いニュース経由だけど、埼玉県の67歳男性が、国と東日本高速道路を相手取り「ETCがないことを理由に不当に料金を徴収された」として、1000円超の料金の返還などを求める訴訟を東京地裁に起こした、そうだ。

この裁判に対して、2chでは、なんて情弱のじいさんなんだとか、ただのクレーマーだろうとか、正規の料金は従来のままでETCを付けた車なら割引きしますよという割引システムにケチつけてもダメだろとかの意見が圧倒的のようだ。

しかし、「ETCを付けた車への割引制度です」というのは、マスコミを通じたNEXCOのアナウンスに過ぎないから、それを疑っている人が情報弱者で疑ってない人が情報弱者ではないというのは逆ではないだろうか?

僕は、この男性の主張は極めてまともだと思ったので、以下に僕の意見を書いておきたい。

1.  この「割引き制度」では、例えば3千円が1千円になっているが、これは「割引き」というより「過大な値引き」だろう。割引きクーポンを持っていけば3千円が2,500円になるというなら「割引き」だろうが、3千円が1千円になるのを「ただの割引き」と呼ぶのは言葉として妥当でない。

2.  憲法13条の「法の下の平等」は民間企業にも適用される(例えば採用や昇給で合理的理由の無い差別は禁止されている)。まして、NEXCOは政府の監督が及ぶ公益的性格を有する企業だから、「合理的理由のない差別」が許されないという要請は、官庁並みに高いはずだ。

3.  ETCは原則としてクレジットカードが必要だから、フリーターや老人など事実上利用できない人も少なくない。

4. ETCを設置した車でないと、割引き料金の計算や徴収が面倒だ、だから差別だとしても「合理的な理由」がある、という意見もある。しかし、ETCの無い車には1,100~1,500円くらいの定額を現金の手渡しで徴収する(出るときか入るとき)という方法も可能なはずだ。現金を受け取る人の人件費や事務処理費用を考えても、ETCの車より少し高くすれば十分可能だろう。このように、ETCの有る無しで数百円程度の差別をするだけなら、「合理的理由のある差別」として問題はないだろうが、今回のように数千円もの差別をするだけの合理的理由はない。

5.  ETCを設置した人(車)だけに割引きするのはETCを購入させるインセンティブのためでETC普及という公益のためだから、差別だとしても「合理的な理由」がある、という意見もある。しかし、ETCを普及させるという目的の公益性がそこまであるのだろうか? 今後、民主党政権になって高速道路無料化になればETCは原則不要になる可能性もある。今回のETCの騒ぎで儲かったのはメーカーと小売業者だけで特に公益的なプラスはない。今回の割引き制度の背後にはETC利権があると雑誌などで書かれている(天下り法人の(財)道路システム高度化推進機構には、ETCが一個付けられる毎に620円が入ってくるらしい)が、そのような背後の利権まで考えると公益性には大きな疑問がある。

6.  要するに、「差別」や「格差」は事実としてたくさんあるのだが、それが「合理的理由」に基づくものかどうかが問題なのだ。例えば、JRの定期の学割も、学生でない人からみたら差別になるが、これは「合理的理由」がある差別だから、問題はない。

以上の1-6から考えると、今回のETCを設置した車・人に対してのみ「過大な値引き」をしてそうでない人には全く値引きしないというように、ETCの有る無しで「数千円もの料金格差」を与える扱いは、「合理的理由のない差別」に該当する可能性が高いと思う。裁判所がどういう判断をするのか、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »