« 小沢辞任は無罪判決を取りに行くってことかな | トップページ | 「小沢に近い」人だと何が問題なの? »

2009年5月13日 (水)

国民による、マスコミの世論調査を利用した世論誘導戦略?

今日(2009/5/13)の日経ビジネスオンラインによる小沢辞任を受けた緊急アンケート結果「岡田代表で補正予算成立後に選挙を」は面白かった。以下に一部引用(次期代表戦の部分)。

支持政党を民主党と答えた読者で見ると、岡田副代表が全体の49.1%を占め、次点が鳩山幹事長の17.4%、3位が菅代表代行で16.4%となり、読者全体の評価同様に岡田副代表が圧倒するが、違うのは2位に鳩山幹事長、3位に菅代表代行が浮上し、前原副代表は4位に下がり全体に占める比率も7.3%と引き下がっている点。  支持政党を自民党と答えた回答者の中では、前原副代表は岡田副代表を抜いてトップとなっている。自民党支持者の中で占める比率は前原副代表が35.5%で岡田副代表が32.9%、一方で鳩山幹事長は8.1%、菅代表代行は6.4%となっている。 自民党支持者が、小沢代表の直前そしてその前に代表を務めていた前原及び岡田の両副代表を支持するのは、岡田代表時代には2005年の総選挙で民主党が大敗しており、前原氏は偽メール事件で代表辞任に追い込まれたことなどが影響している可能性がある。」(太字は当ブログによる)

これを見ると、既に多くの人たちが「国民による、マスコミの世論調査を利用した世論誘導戦略?」を実践していることが分かる。

例えば、上のアンケートでは、自民党支持の人たちの多くが、「誰が次の民主党代表に望ましいか」という質問に対して、「自民党にとっては民主党が弱体化することが望ましいが、そのために適した代表は誰か、そして、そのような代表を民主党が選ぶように仕向けるためには、この回答にどう答えればよいか」を考えながら、「前原」と回答している、ということだ。

これからは僕も、世論調査で聞かれたら、自民党と検察とマスメディアを油断させておくため、望ましい首相は「麻生」、内閣は「支持する」と答えよう^^;

|

« 小沢辞任は無罪判決を取りに行くってことかな | トップページ | 「小沢に近い」人だと何が問題なの? »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/44998711

この記事へのトラックバック一覧です: 国民による、マスコミの世論調査を利用した世論誘導戦略?:

« 小沢辞任は無罪判決を取りに行くってことかな | トップページ | 「小沢に近い」人だと何が問題なの? »