« 「小沢秘書は無罪」はネットではもう常識? | トップページ | 西川辞任が許されない「郵政民営化の裏のシナリオ」はあるのか »

2009年6月 9日 (火)

「世論調査は絶対」というマスコミは「西川退任」となるのが論理的帰結

西松事件で小沢辞任を必死で叫んでいたマスコミの論拠は「世論調査では小沢辞めろが大半」ということだった。自民党も同じ。

今回の日本郵政の西川社長の辞任問題では、世論調査では8割の国民が「辞任すべき」だった。

植草一秀さんのブログより一部引用

「6月7日放送のフジテレビ「サキヨミ」が、西川善文日本郵政社長更迭(こうてつ)問題について、独自に行った世論調査結果を公表した。(中略)

サキヨミの調査結果は以下の通り。

①西川社長続投を認めないとの鳩山総務相の姿勢を
支持する  58%
支持しない 42%

日本郵政西川社長は
辞任すべき 80%
続投すべき 20%
だった。」

小沢問題のときに示された「世論調査による世論に従うべき」というマスコミと自民党の立場からは、「西川は退任すべし」というのが論理的帰結だろう。何も迷うことはないはずだ。

ブログランキングへ ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 「小沢秘書は無罪」はネットではもう常識? | トップページ | 西川辞任が許されない「郵政民営化の裏のシナリオ」はあるのか »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/45290978

この記事へのトラックバック一覧です: 「世論調査は絶対」というマスコミは「西川退任」となるのが論理的帰結:

« 「小沢秘書は無罪」はネットではもう常識? | トップページ | 西川辞任が許されない「郵政民営化の裏のシナリオ」はあるのか »