« 民主鳩山代表の論文に米国で批判 | トップページ | 国会議員は「期限付きの契約社員」(非正規雇用)なのだから、「○○先生」と呼ぶのは止めよう »

2009年8月30日 (日)

自公の大敗は自公政権が「民主主義を滅ぼす禁じ手」を使ったからでは

あるサイト(TheJournal)に投稿したコメントです。

僕は、ここまで自民党が大敗することになったのは、自公が「民主主義の敵」になった、マスコミや検察を自公の政権維持のために利用するという「民主主義を殺す禁じ手」を使ったからではないかと思います。

政権与党が自己の政権を維持するためにマスコミや検察を使ったり、投票操作することは後進国ではありますが、民主主義国ではあってはならないことです。

それなのに、自公は、特に小泉時代から、マスコミを政権維持のために利用するようになったと思います。

麻生内閣になってからも、小沢秘書を逮捕した西松事件やその後の検察とマスコミを利用した世論誘導などはそうですね。
それ以外にも、定額給付金や休日のみの高速料金割引きなども、選挙直前における国家予算を利用した国民の買収であり、政治の私物化だと思います。

政策で争うのならともかく、検察やマスコミを利用して世論を誘導して政権を維持しようとしたり、国民を買収しようとするのは「民主主義を殺すこと」であり、決して許されない禁じ手です。それを自公政権はやってしまった。

格差があるのは良いのか悪いのか、新自由主義かリベラルかとかを議論できるのは民主主義があるからこそなのに、その「民主主義が殺される」ことになったら、大変なことです。

多くの有権者は、西松事件などを見ながら、理論的にはともかく、直感的に、「自公はヤバい橋を渡っている」と見抜いていたと思います。マスコミについても、どうもおかしいな、と感じてたと思います。

だから、「これ以上、自公にヤバいことされると本当に怖い(日本の民主主義が殺される)」と感じて、自公には絶対に投票しないとなったのでは、と思います。

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 民主鳩山代表の論文に米国で批判 | トップページ | 国会議員は「期限付きの契約社員」(非正規雇用)なのだから、「○○先生」と呼ぶのは止めよう »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/46071239

この記事へのトラックバック一覧です: 自公の大敗は自公政権が「民主主義を滅ぼす禁じ手」を使ったからでは:

« 民主鳩山代表の論文に米国で批判 | トップページ | 国会議員は「期限付きの契約社員」(非正規雇用)なのだから、「○○先生」と呼ぶのは止めよう »