« 自民の党税調も事務次官会議も、要は「収賄罪」から逃れるための仕掛けだろう | トップページ | もし小沢秘書が逮捕された西松事件がなかったら、ここまでの地殻変動は無かったのでは? »

2009年8月27日 (木)

民主圧勝報道による「揺り戻し」はない

昨日(2009/8/26)付けの朝日新聞で、早野透、星浩、坪井ゆづるの対談「なぜ、地殻変動は起きたのか」が少し面白かった(以下の青字部分が引用したもの)。

星 「民主圧勝報道への揺り戻しがあるかどうか、これは、ほぼないと見る。半官びいきは負けている側に何か理があって、かわいそうだから起きる。いまの自民には考えにくい。自民党には『政権にいるから応援する人』と『政治家個人のファン』の2種類ある。前者は情勢が悪くなって一気に逃げている

・・・『政権にいるから応援する人』って言うと、経団連も一気に逃げ出したね。まぁ、野党になる自民に献金しても意味ないし、そんなことすると株主代表訴訟の餌食になるからなぁ。

星 「首相が『安心実現』といわなければならないほど、安心じゃない国に、誰がしたのか。そこを有権者は見抜いている。

・・・星は、一応ジャーナリストの端くれとして、よく分かってるようだ。有権者は、少し前に麻生と会食してたアンタのこともよく見抜いてるけどね。

坪井 「だけど、こんな形で片方を圧勝させる有権者というのは、ただ溜飲を下げたいだけに見える。投票が圧倒的なフラストレーションの表現手段になっていないか。

・・・確かにその面はあるかもね(。_・☆。 でも、それよりも、今の「ここまで最低に劣化した自民」には怖くてとても任せられない、という気持ちが大きいと思うけど。

星野 「ただ、民主党の子ども手当のような直接給付か、自民党の間接支援方式かの違いはマニフェストで鮮明でしょう。各省の補助金を関係団体を通して渡す途中にムダがあった。それを排除する民主党に、有権者は『そうだ』と思っている。

・・・星野は、星と違って、かなり民主よりなのかな。

※後で調べたら、この対談はネットでも出てるようです。http://www2.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200908260028.html

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 自民の党税調も事務次官会議も、要は「収賄罪」から逃れるための仕掛けだろう | トップページ | もし小沢秘書が逮捕された西松事件がなかったら、ここまでの地殻変動は無かったのでは? »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

>坪井 「だけど、こんな形で片方を
>圧勝させる有権者というのは、
>ただ溜飲を下げたいだけに見える。
>投票が圧倒的なフラストレーションの
>表現手段になっていないか。」

国民を苦しめた自民党を
大敗させることで溜飲を下げるってことは
少しあるかもしれないですけどね。

でもそんなことで民主党の圧勝は
無いと思うんです。

自民党政権下で生活が苦しくなったと
感じていない人なら
民主党に投票する理由も無いんでしょうから。

結局、民主党が圧勝するというのなら、
それだけ生活が苦しくなったという人が
多いというだけの話だと思います。

投稿: hikasu | 2009年8月27日 (木) 12時45分

hikasuさん
こんにちは
「とにかく自民には入れたくない」って人が多いんでしょうね。
まぁ、僕はもともと民主支持だったですけど。
でも、5月頃はまだ五分五分だったのに、なぜここまで地殻変動が起きたのか、今回の対談の朝日のタイトルじゃないけど、興味ありますね。

投稿: 寝たろう | 2009年8月27日 (木) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/46042396

この記事へのトラックバック一覧です: 民主圧勝報道による「揺り戻し」はない:

« 自民の党税調も事務次官会議も、要は「収賄罪」から逃れるための仕掛けだろう | トップページ | もし小沢秘書が逮捕された西松事件がなかったら、ここまでの地殻変動は無かったのでは? »