« 詭弁の天才・竹中平蔵への反論 | トップページ | 新自由主義者たちの退場に花束を »

2009年8月16日 (日)

夏休み

xtcさんのブログにもコメントしたことだけど・・・。

僕が子供の頃の夏休みは、いつも身近に入道雲と木陰の涼しさがあった。

夏休みは毎朝、朝顔を見ながら、近くのお寺でラジオ体操、日中は近所のガキ大将たちと近くの川で泳いだり・・・。そういう毎日も、お盆が過ぎて夏休みが残り少なくなると、胸が痛いというか、胸が締め付けられるような感じがしてた。名残惜しい感じ、今から思うと、夏にサヨナラしなきゃいけない、セミが死ぬように人間もいつか死ぬんだっていうような感傷的な気分。吉田拓郎の「夏休み」の世界だった。

大人の夏休みはそんな感傷も何もない薄っぺらだな。

|

« 詭弁の天才・竹中平蔵への反論 | トップページ | 新自由主義者たちの退場に花束を »

雑談(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/45947211

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み:

« 詭弁の天才・竹中平蔵への反論 | トップページ | 新自由主義者たちの退場に花束を »