« 自民党のは「4年間の約束」としてのマニフェストとは言えない | トップページ | ひこにゃん類似グッズ、これは不競法違反(5年の懲役)で、彦根市にチャンスだろう »

2009年8月 1日 (土)

阿久根市長による職員の懲戒免職に賛成!

阿久根市庁舎で人件費の張り紙を剥がした40歳代係長を懲戒免職にした記事、最初みたときはエッと思った。厳しすぎる、懲戒権の乱用では、などの意見が多いようだ。

けど、この人件費の張り紙は、市職員が貴族のようになっている状況を改革するという竹原市長の政策の根幹に関わるものだ。それを、積極的な行為(残業とかして夜1人だけになってからやったのだろうか)により剥がした、というのは、ただのサボタージュとかと違って十分に悪質だと思う。

公務員は、通常の会社員以上に、懲戒免職をすごく恐れていると思う。なぜなら、民間企業と違って、公務員の場合は、それまでの経験が十分に行かせるという民間の転職先が少ない(政策シンクタンクや大学などしかない)からだ。

だから、今回のことで、阿久根市役所にはすごい緊張が生まれたと思う。これで、市長の命令がビシッと通る体制ができたのではないだろうか。その意味では、市長はうまくやったのではと思う。

まぁ、この係長には気の毒だが、これから裁判をやれば、懲戒権の乱用とかで、地位保全は可能だろう。裁判の弁護士費用などは自治労が出してくれるのかどうかしらないけど。

それにしても、この竹原市長は奇跡のような人だ。どこから、どうやってこういう人が生まれたのか、興味がある。

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 自民党のは「4年間の約束」としてのマニフェストとは言えない | トップページ | ひこにゃん類似グッズ、これは不競法違反(5年の懲役)で、彦根市にチャンスだろう »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

生ぬる~い公務員体質や無駄遣いが今の日本の姿の根幹にありますね。
いつの間にかできあがったその空気の延長上に「やりすぎ」だというバッシングが渦巻いているようにも・・。

政権交代しようが、ここを変えないと単なる茶番劇で終わり、本質的には何も変わらないと思いますね。

そういう意味では、私も訓告じゃ甘すぎると思いますね。
とてもユニークすぎる市長さんですが、
筋は通っているのではと思います。
誰かが風穴をあけないと先はないでしょう。

投稿: | 2009年8月 8日 (土) 09時31分

コメントを頂いた方へ
全く同感ですね。
これまでの日本には「筋を通す」ということが軽んじられ過ぎた。
風穴をあける、というのも本当に必要と思います。
自治労への立ち退き要求に対して自治労が起こした裁判への欠席、これも素晴らしい対応だと思います。
この竹原市長には、是非頑張ってほしいです。

投稿: 寝たろう | 2009年8月10日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/45804811

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久根市長による職員の懲戒免職に賛成!:

« 自民党のは「4年間の約束」としてのマニフェストとは言えない | トップページ | ひこにゃん類似グッズ、これは不競法違反(5年の懲役)で、彦根市にチャンスだろう »