« 自公の大敗は自公政権が「民主主義を滅ぼす禁じ手」を使ったからでは | トップページ | 保坂展人さん、残念。来年の参院の比例で出て欲しい。 »

2009年8月31日 (月)

国会議員は「期限付きの契約社員」(非正規雇用)なのだから、「○○先生」と呼ぶのは止めよう

今回の民主が圧勝した総選挙により、自民党からは、国民との雇用契約の「更新」を拒否されて「職を続けられなくなった人」が大量に生まれた。

今回の選挙で、選挙とは、国会議員の雇用契約を「更新」するかどうかを決める手続なのだ、ということが明確になった。

つまり、国会議員(衆議院議員)とは、国民が税金で雇っている被用者(雇われ代理人)、それも「4年間という期限付きで雇っている契約社員」(雇用期間付きの非正規雇用)に過ぎない、ということが明確になった。

もう、これからは議員を「○○先生」と呼ぶのは止めよう。

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 自公の大敗は自公政権が「民主主義を滅ぼす禁じ手」を使ったからでは | トップページ | 保坂展人さん、残念。来年の参院の比例で出て欲しい。 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/46078642

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員は「期限付きの契約社員」(非正規雇用)なのだから、「○○先生」と呼ぶのは止めよう:

« 自公の大敗は自公政権が「民主主義を滅ぼす禁じ手」を使ったからでは | トップページ | 保坂展人さん、残念。来年の参院の比例で出て欲しい。 »