« 同窓会 | トップページ | 詭弁の天才・竹中平蔵への反論 »

2009年8月14日 (金)

自民党による民主党の財源批判のまやかし

民主党が政権をとったら前政権の補正予算を凍結して無駄使いを無くすと言ってるので、総選挙前の今、予算に組み込まれた公共事業の前倒し発注が猛烈な勢いで進行してるらしい(こちらから)。

自民政権下で建設業者に発注しておけば、民主党が政権をとって、もしキャンセルに持ち込まれても、キャンセル料だけは発生するので、そのキャンセル料だけでも手に入れさせるから自民党の選挙に協力しろ、ということでやってんだろうね。

民主党に明け渡す前に日本全土を焼け野原にしてやろう(そうして民主党に失政させて政権に返り咲こう)という、自民党の「焦土作戦」の一環だ。

総選挙前の今、官僚の天下りも殺到してるらしいし、めちゃくちゃな状況だ。

自民がここまで劣化して、モラルを無くしてるのは驚きだ。

ところで、一昨日の自民と民主の党首討論の記事を見たが、財源についての論点がずれてると感じた。

自民は年金改革や子育て支援などのために財源が必要でそのために消費税を上げるのが「責任政党だ」と主張している。民主は、子育て支援などの予算のためには、まず今までの予算の組み替えを行って無駄遣いを無くすことで財源を捻り出す(それでもカバーできない年金改革の財源などは4年後に消費税を議論する)と主張している。

工程表で言えば、自民は「無駄使いの排除はしないでいきなり消費税上げ」、民主は「まず4年間は無駄使いの排除をして、その後に消費税上げ」ということで、最後の「消費税上げの工程」は同じなのだが、その前に「予算の無駄使いの排除の努力をするという工程」を入れるかどうかが違っているだけだ。

いったい、無駄使いの排除の努力もしないで、官僚が無駄はないと言ってるのをそのまま受け入れて、官僚の天下り団体・業界団体が中間搾取する形での「間接支援」(補助金)の無駄もそのままにして、消費税上げによる国民の負担で財源を確保しようっていう、何も考えてないような安易な態度が「責任政党だ」と言えるんだろうか?

また、自民党政権下で、いままで国債を大量発行してきたために国債残高が膨大になってるのだが、そのことについての総括や反省を全く表明していないのは「無責任」だろう。

建設業者など自民政権下で便益を受けてる人たちは別として、そうではないかなりの人たちがまだ自民支持といってるのは、全く理解できない。

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 同窓会 | トップページ | 詭弁の天才・竹中平蔵への反論 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私も党首討論を少しだけ見てましたが、
呆れてしまいました。

消費税を上げざるを得ないというのは
理解するとしても、
それはどうしてもこの国に
お金が無いという状況を
見せてくれてからではないと納得出来ません。

なんで膨大な借金があると言われながら
官僚は特殊法人に天下りして
税金から莫大な給与を得ているのか?

こんなことが現状としてある以上、
この国が本当にお金に困っているのか、
庶民から消費税をさらに取らなければならないのか
全く理解出来ません。

投稿: hikasu | 2009年8月14日 (金) 13時23分

hikasuさん
こんにちは
余り詳しくないんだけど、以前も、埋蔵金はないと官僚が言ってたのに、実はあったということがありましたよね。

だから、まだまだ分からないですよね。
特別会計は一般会計の4倍以上あって、その内容は国民にほとんど開示されていないそうです。この特別会計の中に、官僚が天下り費用などのために隠し持ってる埋蔵金が大量にあるそうです。

それからhikasuさんのセブンイレブンの記事、面白かったですよ。コメント入れときました。

投稿: 寝たろう | 2009年8月14日 (金) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/45922720

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党による民主党の財源批判のまやかし:

« 同窓会 | トップページ | 詭弁の天才・竹中平蔵への反論 »