« 政治家には「エリート」は必要なく「普通の人」の方がよい | トップページ | アゴラの記事のレベルが気になる件について »

2009年9月 2日 (水)

山崎元さんの「民主党路線は、小さな政府・高福祉」論

山崎元さんが、民主党路線は、「小さな政府・高福祉」になりえると主張している(末尾に引用)。

これは「政府のサイズ」をどう定義するかの問題だ。

つまり、民間でいうと、人件費や家賃などの固定費に注目して政府の大きさを問題にするのか、材料費などの売上に対応して変わる変動費に着目して政府の大きさを問題にするのか、ということだ。つまり、民間で、「高コスト体質かどうか」と「売上・収入が大きいかどうか(=変動費が大きいかどうか)」とは論理必然の関係にはならないが、それと同じだ。

つまり、人件費や家賃などの政府の固定費に着目した「高コスト体質かどうか」の観点から政府のサイズを問題にすれば、民主党の「直接給付」方式は、自民党が補助金でやってきたような天下り団体や業界団体に中間搾取させる「間接支援」方式に比べて、政府の固定費=政府のサイズはずっと小さくできる。これと民主の「無駄遣い排除」とをあわせると、「小さな政府」路線と言える。

これに対して、政府の変動費に着目した「福祉のための支出を大きくするかどうか」の観点からは、富裕層や大企業から税金をたくさんとって弱者を救済するという再分配政策を進めれば、「高福祉」になる。

「高福祉」になっても、それを実現するための政府の固定費を直接給付方式や無駄遣い排除で減らしていけば「低コストの小さな政府」になり得る。

だから、民主党路線では、「低コストの小さな政府・高福祉」が実現し得る。富裕層にとっては「高負担・高福祉」になるが、弱者にとっては「低負担・高福祉」も可能になる。

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

以下に山崎元さんの論説を一部引用。

言葉の上では政府の大きさの定義の問題だが、所得の再分配的な財政支出と、政府関連組織の経費や公共事業の経費などをまとめて「大きな政府」「小さな政府」を対置する議論があり、これは不正確だと思う。

 民主党は既存の政府支出のムダを削ることを重要公約として掲げており、これは「小さな政府」の価値観だ。一方、子供手当や最低保障年金のような給付金は政府の支出ではあるが、これに介在する官僚組織を小さく保つなら、主な効果は所得の再配分であり、お金の使い道は民間(個々の国民)が自由に考えるわけだから、行政コスト上も資源配分への影響上も「小さな政府」を保つことが出来る。

 一方、所得の再分配を大きくするなら、福祉の効果としては大きいということになるだろう。(中略)

 仮に、「霞ヶ関のムダづかい」を削減することができて、この支出を経済的弱者への減税や給付金に振り替えることができれば、「より小さな政府」と「より大きな福祉」が少しずつ実現することになり、官僚以外に誰も反対しないだろう。

 所得の再配分としての福祉のサイズがどのくらいであるべきかは今後重要な検討課題だが、「ムダづかい」を「福祉」に切り替える置き換えには反対は少ないはずだし、非効率とされる政府の支出を民間の需要に振り替えるのだから、長期的には「成長戦略」的な効果があるかもしれない。」(太字は当ブログによる)

|

« 政治家には「エリート」は必要なく「普通の人」の方がよい | トップページ | アゴラの記事のレベルが気になる件について »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します…何処かに書かせて下さい!と言う気分です。

ニュースステーションをみているのですが、麻生、完全に「もう怖いもの無し状態」で、言いたい放題です。完全にキレてます!

勿論、そういう発言だけを切り取ってのバカマスコミの煽りでしょうが、アソウのこんな発言をアナウンスして再選挙して、本当に、本当に落としてやりたいです!こんな人間にだけはなりたくない。

乱文失礼致しました。

投稿: 印象派 | 2009年9月 2日 (水) 22時20分

印象派さん
こんにちは
番組は見てないですが。
細田といい麻生といい、言葉使いが品格がないですね。鳩山さんは品格があると思います。

投稿: 寝たろう | 2009年9月 2日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/46096949

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎元さんの「民主党路線は、小さな政府・高福祉」論:

« 政治家には「エリート」は必要なく「普通の人」の方がよい | トップページ | アゴラの記事のレベルが気になる件について »