« 特許無効審決の効力を遡及効から将来効へ?(ダブルトラックの弊害の解消策) | トップページ | 公正の実現こそ成長戦略 »

2009年9月13日 (日)

浜矩子さんのグローバル経済批判

文芸春秋10月号の、エコノミスト(兼 同志社大教授)浜矩子さんの主張は、ユニクロを例にして、ある企業が価格破壊を起こすと他の企業も価格破壊で対抗するので、どの企業も利益が削られて、どの企業の従業員も低賃金になり、従業員=消費者としても安い価格のものしか買えなくなり、皆が不幸になる、今のグローバル資本主義では「自分さえ良ければ」という気持ちで皆が動く(例えば自社だけでも生き残ろうとして価格破壊をする)ことによる合成の誤謬で皆が不幸になるから、「自分さえ良ければ」ではなく「他人のために」という気持ちで行動すべきというような内容だったと思う(立ち読みで、細かいところは覚えていないけど)。

これに対して、池田信夫さんが次のようにコメント欄で反論している。

浜氏の話は、私もあきれました。価格競争が失業を生む? これは逆を考えてみればわかります。もしユニクロが倒産して洋服の値段が2倍になったら、低所得者は衣類を買わなくなり、繊維部門の所得は減るでしょう。さらに中国との競争によって、高価格の日本の繊維産業は全滅するでしょう。こんな人物が「経済学部教授」をやっている同志社大学って大丈夫なんですかね。

浜さんの論文を読んだときはもっともと思ったが、池田さんの反論ももっともと感じた。

どうも、経済学者というのは、とにかく、立場によって言うことがバラバラで、1人の言うことを信用すると大変危険だ。法律では、条文があるので、いろんな法学者がたくさんいても、みな条文から離れることはできないので、それぞれの主張に根本的な違いはない。これに対して、経済学はそうはいかないようで、人によって全く正反対の主張になってしまうようだ。

ブログランキングへ←ブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 特許無効審決の効力を遡及効から将来効へ?(ダブルトラックの弊害の解消策) | トップページ | 公正の実現こそ成長戦略 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

私は浜さんって方を存じ上げていませんでしたが、
内橋さん以来の素晴らしい方を見つけたという気持ちに今なってます。

私は支持したいです。

池田さんの言うことも確かに一見もっともそうですけど、
ユニクロが成長した背景に
日本人の所得の低下が
無関係だとは思えないです。

それに今の規制の無い状況で
もしユニクロが倒産したとして、
価格競争が無くなるわけでもないですよね。

で、確かに寝たろうさんのおっしゃるように
経済学者1人の話を信用するのは
危険だというのは同意です。

今日のブログに書きましたが、
財部のように前と言ってること
違ってない?って人もいるので。

投稿: hikasu | 2009年9月13日 (日) 12時57分

>浜さんの論文を読んだときはもっともと思ったが

自分の経済を見る目のなさを知った方が良いですよ。

投稿: | 2009年9月13日 (日) 21時20分

hikasuさん
こんにちは
浜矩子さんは、今、旬の人ですね。民主よりという感じで、露出し始めてるようです。今後に期待ですね!

投稿: 寝たろう | 2009年9月13日 (日) 22時08分

浜矩子の言ってる事はメチャクチャですね。それに納得してる人もアホですね。
もっと勉強しなさい!

投稿: 通りすがり | 2009年12月12日 (土) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/46194490

この記事へのトラックバック一覧です: 浜矩子さんのグローバル経済批判:

» 競争否定論は談合肯定論である [言語空間+備忘録]
「個人発明家blog」 の 「浜矩子さんのグローバル経済批判」 文芸春秋10月号の、エコノミスト(兼 同志社大教授)浜矩子さんの主張は、ユニクロを例にして、ある企業が価格破壊を起こすと他の企業も価格破壊で対抗するので、どの企業も利益が削られて、どの企業の従業員も低賃金になり、従業員=消費者としても安い価格のものしか買えなくなり、皆が不幸になる、今のグローバル資本主義では「自分さえ良ければ」という気持ちで皆が動く(例えば自社だけでも生き残ろうとして価格破壊をする)ことによる合成の誤謬で皆が不幸になる... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 07時26分

» いさよくないマスコミと議員たち [雑感]
 天台宗空也派の祖にして醍醐天皇を父親に持つとされる、空也上人の言葉に 「 山川の末に流るる橡殻も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」 というものがある。 本来は、仏の悟りを得る機縁、成仏の機会としての解釈なのだが、一般社会では窮地から脱し、そして安泰を得るほうとして、自分の保身にばかり執着をしていても道は開けず、チャンスも来ないという意味だと自分は解釈をする。 最近の、マスコミと自民党そして民主党の一部議員がどうもいけない。女々しいといか未練がましいというか、非常に見苦しい。 いまだ、民主党に対し「不... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 00時46分

« 特許無効審決の効力を遡及効から将来効へ?(ダブルトラックの弊害の解消策) | トップページ | 公正の実現こそ成長戦略 »