« 個人発明家にとって補償金請求権の警告はかなり有効と思う | トップページ | ハチャメチャな人(発明仲間) »

2009年10月31日 (土)

JALは破産処理しかないのでは?

2009/10/28付け毎日新聞よりJAL再建問題の記事を引用。

・・・だが、現段階ではOBは引き下げに反発しており、もし同意が取り付けられなければ、事態の深刻さは増す。企業年金は賃金の後払いの性格があるため、受給権は強力に保護されている。法的整理の場合も、強制的に減額が可能なのは破産だけで、民事再生法や会社更生法では減額されない可能性が高い。また、企業年金の解散は、確定給付型に移行した日航では事実上困難。こうした事情から、政府内の一部には年金受給額を強制減額する特別立法を模索する動きもあるが、財産権の侵害になりかねないため慎重論が強い。 一方で、日航再建のために公的資金投入を判断する財務省と、債権放棄やつなぎ融資を求められる銀行団は、年金削減への圧力を強めている。藤井裕久財務相は「世間の良識ある方に答えられることをしなければだめだ」と語り、ある取引銀行幹部も「税金を年金支給に充ててはいけない」とする。日航を所管する前原国交相は難しい判断を迫られることになる。」(太字は当ブログによる)

まず、上の記事で政府の一部が検討しているという「年金受給額を強制減額する特別立法」は、上の記事にあるように、財産権を侵害する憲法違反の法律を作ることになるので、無理だろう。

そして、日航OBの年金減額が公的資金投入の前提だというのなら、また、上の記事の「企業年金は賃金の後払いの性格があるため、受給権は強力に保護されている。法的整理の場合も、強制的に減額が可能なのは破産だけで、民事再生法や会社更生法では減額されない可能性が高い」というのが本当ならば、破産処理しか無いというのが論理的な帰結だろう。

JALを破産処理しても、特に問題はないと思う(そもそもJALは今の時点で実質2,500億円の債務超過だとされている)。破産処理したくない人たちは、今までの経緯からのしがらみや責任逃れなどの思惑があるのではないだろうか。

前原大臣は、「飛行機が飛ばなくなったら大変だ」と言って法的整理はできないと言っているようだ。しかし、僕は破産法制は詳しくないけども、破産処理しても、飛行機を飛ばすことはできるはずだ。

まず、破産すれば、裁判所の監督の下、そのときの破産財産でそれまでの債権の全てを清算することになるから、銀行などが持つ債権もその破産財産から配分された範囲内で清算されるし、企業OBの年金もその破産財産から年金のために配分された範囲内で清算される(実際には、破産財産から年金のために配分された分を財団法人か何かに移して長期的に運用することになるのではないだろうか)。

破産・清算になれば、JALの法人格そのものが無くなる(消滅する)から、企業OBとの年金の契約や従業員との雇用契約はパーになるし、株券もパー、貯めてたマイルもパーだ(マイルだけは、後の新生JALが営業政策から事実上引き継ぐことも?)。

一方、これと並行して、新生のJALという新しい法人を設立し(資本金は政府やその他民間企業が出資)、破産した法人(前のJAL)の破産管財人または清算人から飛行機などの機材やJALの商標などを時価で購入し、失職した従業員たちと新たな雇用契約を結んで雇用し、各地の飛行場と新たな使用契約を結ぶなどすれば、飛行機を飛ばすことができる。

その間の数日間くらい、事務手続などの問題で飛行機が飛ばなくなることもあるかもしれないが、もしそうなっても、それくらいは止むを得ないだろう。新生JALならば、前のJALのOBやその年金問題とはもはや一切関係なくなるので、公的資金投入の前提が整うということだ。

ブログランキングへブログランキングに参加してます。ポチッと^^

|

« 個人発明家にとって補償金請求権の警告はかなり有効と思う | トップページ | ハチャメチャな人(発明仲間) »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

記事に同意します。JALはGMと同じですね。
一旦清算する道以外は単なる延命措置に過ぎず、無駄にカネを吸い込むだけでしょう。税金で無能経営者の尻拭いしてOBの年金まで払ってあげるなんて、考えただけでもぞっとします。
でも、破産させちゃうと国交省の官僚や銀行の経営者の都合が悪いから、大っぴらに破産の話がでないんでしょうね。政府の債務保証の責任とか、融資責任とか。
民主党政権になったんだから、その辺ももっと変わってもいいんですけどね。

ちなみに、JAL問題に興味があれば、今週の週刊ダイヤモンドの特集「JAL国有化の罠」はお勧めです。

投稿: 名音 | 2009年11月 3日 (火) 21時53分

名音さん
こんにちは
お久しぶりですね。以前、鳩山さんの政治資金の件では僕が間違ってた点をご指摘頂いてありがとうございました。

前原大臣は今まで、ダムや道路などで次々と良い問題提起をしてましたが、JALの件では迷走してる感じですね。

まぁ、JAL問題って特別な関心はないんですけどね^^; マイルは少し貯まってますが、これは破産して新生JALになっても引き継がれると思っています(でないと顧客は怒り狂うでしょう)。JALの株も持ってませんし。

投稿: 寝たろう | 2009年11月 4日 (水) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/46631610

この記事へのトラックバック一覧です: JALは破産処理しかないのでは?:

» 八ッ場ダム報道における産経の記事 [雑感]
産経が4回にわたり【検証・八ツ場ダム】という記事を書いている。 この記事には、そもそも重大な欠陥がある。 それは、何かというと八ツ場の建設の基準をカスリーン台風をベースにしているのであるが、カスリーン台風時の八ツ場の建設予定地より上流の降雨量を記事の中では、一切示していないことにある。 つまり、カスリーン台風のときに 八ツ場建設予定地の上流にこれこれの量の雨が降って、その結果下流のどこどこの地点の水位がどれくらい上昇をして決壊をしたのでダムを作るのだ。という基本的なこと の数字が一切省かれている。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 22時06分

» 政権交代が起きた今しか基地の縮小はできない [雑感]
 普天間基地の移設問題に絡んで些か北沢と岡田が暴走気味で、産経が煽りを入れて、周りのマスコミもつられて追いかけ記事を書く始末。 事の発端は、ゲーツと岡田の会談でのことである。佐藤優氏もその点を取り上げている。  大統領が変わっても留任した史上初の国防長官がこのゲーツである。この部分が、オバマ政権のアキレス腱とみるか、米共和党も大きく騒がないで半信任という部分であろうか。 ようは表に顔は見せないが、裏で国防省に純然たる事実をもって操っている輩が存在をしているということであろう。 10月20日の岡田克也... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 18時35分

« 個人発明家にとって補償金請求権の警告はかなり有効と思う | トップページ | ハチャメチャな人(発明仲間) »