« 参院選前に国家戦略局の大臣を小沢さんにしてトロイカ中心の体制で | トップページ | 小沢問題(検察問題を含む)について »

2010年1月15日 (金)

小沢さんへの強制捜査について

これについては、いろんな見方が既に出ていると思うんですが、僕の見方を書いておきます。

あるブログで見たところ、大久保秘書の事件の担当裁判官に対してプレッシャーをかけるためのものではないか、という見方もあるらしいが、かなり当たってるのでは?

というか、裁判官に対して、というよりも国民に対してのアリバイ作り、なのではないだろうか。

つまり、今年3月に判決が出る小沢秘書の公判では、無罪になる可能性がますます高くなっている(例えば、もと西松建設の担当幹部が、「政治団体は、代表者も職員も別で、西松の友好団体だが、ダミー団体とは思ってなかった」と法廷で証言)。

もしこのまま、3月になって無罪判決が出れば、検察は赤ッ恥をかくことになり、その結果、国民からバカにされ、検察組織の人事などに民主党が手を突っ込んでガタガタになる恐れがある。

検察もバカじゃないから、無罪判決が出そうだということは当然分かる。だから焦った。

それで、苦肉の策として、無罪判決が出たときの予防線として、「まだこちらはいろいろ調べてる途中なんだ、無罪判決が出たくらいで騒ぐんじゃねぇ!」と国民にアピールするために、そういうポーズを取るために、今回の強制捜査に打って出た、そして、そのまま時間を稼いで、国民が忘れてくれるのを待つ、という戦略(戦略というには余りにお粗末だけど)を考えているのでは、と思う。

|

« 参院選前に国家戦略局の大臣を小沢さんにしてトロイカ中心の体制で | トップページ | 小沢問題(検察問題を含む)について »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/47303731

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんへの強制捜査について:

« 参院選前に国家戦略局の大臣を小沢さんにしてトロイカ中心の体制で | トップページ | 小沢問題(検察問題を含む)について »