« 小沢氏の虚偽記載での立件のハードルは高い | トップページ | みずほ情報総研の知財セミナーがあるようです »

2010年1月28日 (木)

検察リークに対する刑事告発の動きはどうなったの?

少し前に、検察リークに対して有識者たちが特捜部長などを刑事告発するという動きがあったと報道をみましたが、あれからどうなってるのでしょうか。

週刊朝日2010/2/5号が「本誌にリークされた〝検察情報〝」と題し、検察リークの具体的事実を記事にしています。

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-239.html

によると

【以下引用】

「・・・ところが〝小沢聴取"の直前、編集部にこんな情報が寄せられた。ニュースソースは明かせないが、東京地検特捜部の「関係者」からのリークである。
「小沢は、何があっても必ずやるよ。強硬派筆頭の大鶴(基成・最高検検事)さんは「証拠は揃った。あとは何でやるかだ」と話している。狙いはあっせん収賄だが、ダメでも政治資金規正法違反の「共犯」であげられる。脱税でだってできるからね。ただ、最後は議員辞職と引き換えに手を打つという方向も残している・・・・・」
「相手が民主党なんで、大鶴さんも法務大臣の指揮権発動の可能性もちゃんと視野に入れている。発動させないためにも、もっとマスコミを使って風を強く吹かせないと。場合によっては、国会に逮捕許諾請求を出させないといけないかもしれない」(同)」

【引用終わり】

こういう具体的事実が週刊朝日に出ているので、この事実だけで国家公務員法違反(守秘義務違反)の犯罪構成要件を充足すると思います。リークを行ったのは誰かの個人の特定は捜査機関がやるので、刑事告訴には必要ないと思います。

刑事告発すれば、検察が検察官個人を捜査することになり、起訴しないかもしれませんが、そのときは検察審査会が2回、起訴相当の議決をすれば自動的に選任された弁護士が検事役となって起訴するから問題ありません。

今、検察は追い詰められていると思います。刑事告発で「詰み」になるのではと思います。

|

« 小沢氏の虚偽記載での立件のハードルは高い | トップページ | みずほ情報総研の知財セミナーがあるようです »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

小沢の件で検察がリークしているのは公務員の守秘義務違反だって? そういう議論は民主党の別働隊の動きだな。小沢は民主党を乗っ取った「巨悪」というだけでなく、国民の血税を私物化し、迂回させて不動産を買っているというだけでなく、国益を売り渡す売国的な政治家である点で、あらゆる手段を使って葬り去るべき。あちこちのブログで「正しいやり方で追求すべき」みたいなことを書いてる人が多いが、あとで辛酸舐めるのは国民だ。

投稿: ヒーボー | 2010年1月29日 (金) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/47409954

この記事へのトラックバック一覧です: 検察リークに対する刑事告発の動きはどうなったの?:

» 「お告げ」と「天の声」 [雑感]
  民主党・小沢幹事長をめぐる一連の騒動は、27日に「再聴取見送り」の記事が流れたと同時に小康状態と言うか休憩中という感である。 もっとも、産経だけはあいも変わらずの状態で騒いでいる。まぁ~祭りが好きなのであろうw 時事通信では( http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010012701024 ) 小沢氏再聴取、見送りへ=関与捜査は継続-政治資金規正法違反事件  小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部が、小沢氏への... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 18時27分

« 小沢氏の虚偽記載での立件のハードルは高い | トップページ | みずほ情報総研の知財セミナーがあるようです »