« 検察審査会が「起訴相当」の議決を出す場合とは | トップページ | 山崎行太郎の郷原・元検事への批判について »

2010年2月28日 (日)

医療過誤訴訟で患者側に立ってくれる数少ない医師

今日のサンプロに、金沢大学病院の打出喜義医師(産婦人科?)が出ていた。

医療過誤訴訟で、患者側の鑑定医師として意見書を出したり証言してくれる、日本でも数少ない医師の1人らしい。

打出喜義医師ご自身も、今も勤務している金沢大学の教授や医師などを偽証や文書偽造で告発したり、大学を内部告発したりして、大学病院と戦い、大学病院内で孤立しているらしい。教授から退職勧告されて、大学にパワハラの審査の申立てもしたらしい。

もし何か医療過誤訴訟をすることになったら、この医師に頼むようにしよう。

|

« 検察審査会が「起訴相当」の議決を出す場合とは | トップページ | 山崎行太郎の郷原・元検事への批判について »

雑談(その他)」カテゴリの記事

コメント

こういう方が報われる世の中になって欲しいと思いますが、
そもそもこういう方が少なくなったのは、
他人のために何かをしていては自分が潰されてしまうような
余裕のない世の中になったからだと私はずっと思っています。


みんなが思いやりをもって、お互いに助け合ってた
時代はもう戻って来ないんですかね。。。

投稿: hikasu | 2010年2月28日 (日) 15時04分

hikasuさん
こんにちは

今もですが、昔もこういう人は少なかったのではと思います。むしろ、協調性がない人間はクソだと言われてた昔の方が、こういう人が出てくるのは難しかったと感じます。

この番組で驚いたのは、この病院にまだずっと勤めているということです。僕だったらストレスですぐ出社拒否になると思います^^;

投稿: 寝たろう | 2010年2月28日 (日) 15時20分

すごい人ですよね。
尊敬するに値する人だと思います。

この病院に勤め続けている理由は、母校を愛しているから。外から文句言うのは簡単なこと。
居続けることで中から変えていかないと、という使命感なんでしょうね。脱帽。

ただ、「もし何か医療過誤訴訟をすることになったら、この医師に頼むようにしよう。」というのは、ちょっと浅はかかなと思います(汗)

投稿: yu | 2010年3月 1日 (月) 07時26分

yuさん
コメントありがとうございます。

医師だったら転職先の病院はたくさんあるでしょうから、「大学を内部から変えていきたいから勤め続けている」というのは本当でしょうね。
人間的にもすごい人だなと思います。

投稿: 寝たろう | 2010年3月 1日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/47685421

この記事へのトラックバック一覧です: 医療過誤訴訟で患者側に立ってくれる数少ない医師:

« 検察審査会が「起訴相当」の議決を出す場合とは | トップページ | 山崎行太郎の郷原・元検事への批判について »