« 検察ファッショ、検察不況でいいのか? | トップページ | 東京地検から週刊朝日に「お話を伺いたい」と事実上の出頭要請 »

2010年2月 3日 (水)

「検察が監禁!」 週刊朝日記事に、東京地検が抗議・出頭要請

JCASTニュースより 

http://www.j-cast.com/2010/02/03059378.html?p=all

「毎週のように検察批判の記事を大きく掲載している「週刊朝日」(朝日新聞出版)の記事をめぐり、東京地検が編集部側に抗議するという異例の事態に発展している。掲載された記事を執筆したジャーナリストの上杉隆さんが、ツイッターで「東京地検特捜部から編集部に出頭要請がきた」と書き、出頭方法を募集するなどしたため、ツイッター上では騒ぎが広がっている。

 地検が異例の抗議を行ったのは、2月12日号掲載の「子ども『人質』に女性秘書『恫喝』10時間」という記事。衆院議員で小沢一郎民主党幹事長の元秘書、石川知裕容疑者(36)の秘書が、地検に約10時間にわたって事情聴取を受けたとされる様子を報じたもので、「『ウソ』をついて呼び出し、10時間近くにわたり『監禁』した。そして虚偽の証言を強要し、『恫喝』し続けた」などと地検を批判した。

 この記事に対して、地検は2010年2月3日、異例の抗議に踏み切った。週刊朝日編集部によると、地検側から抗議をしたい旨、電話でコンタクトがあったが、山口一臣編集長が出張中であることを伝えたところ、「記事内容の何点かについて虚偽の点があり遺憾。厳重に抗議する」といった趣旨のファクスが送られてきたという。」

ツィッターでは、ただの抗議だけで出頭要請は上杉隆さんのウソだという発言もかなりあるようだが、「厳重に抗議する、詳しく話しを聞きたい」というような表現がもし入っていれば、普通の日本人なら「出頭要請だ」と感じるのは当たり前だろう。

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8578276000

検察は公けの権力機関なのだから、「週刊朝日の記事内容の何点かについて虚偽の点がある」と思えば、一雑誌出版社に抗議するのではなく、正々堂々と、「ここは本当なんだけどここは虚偽ですよ」と、オープンな記者会見を開いて説明すればいいはずだ。

今まで自分の方がさんざん「虚偽を織り交ぜたリーク」を垂れ流しておきながら、自分を批判する記事が出たらすぐ「虚偽の点がある」と抗議するのは、盗人猛々しいという感じだ。

|

« 検察ファッショ、検察不況でいいのか? | トップページ | 東京地検から週刊朝日に「お話を伺いたい」と事実上の出頭要請 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/47470175

この記事へのトラックバック一覧です: 「検察が監禁!」 週刊朝日記事に、東京地検が抗議・出頭要請:

» 【犬察ファッショ】自由と民主主義を守るために今こそ主権者として立ち上がろう!【頑張れ週刊朝日】 [ステイメンの雑記帖 ]
 国民生活に密接に関係する09年度第二次補正予算や10年度当初予算を審議する通常国会の召集直前というタイミングで、「形式犯」で現職国会議員を別件逮捕した上、長時間に渡って自白を強要したり、被疑容疑とは全く無関係な女性秘書を欺して挙げ句に子どもを人質にとって強制的に事情聴取に応じさせるなど、 東狂痴犬特騒部の佐久間達哉と最高検の大鶴基成の「冤罪メーカー」コンビの暴走 は留まるところを知らない。  これに対して、日頃は 「権力の監視機関」を自称する翼賛マスゴミども は、こうした東京痴犬特騒部の反人道的か... [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 00時45分

« 検察ファッショ、検察不況でいいのか? | トップページ | 東京地検から週刊朝日に「お話を伺いたい」と事実上の出頭要請 »