« 石川議員らの虚偽記載罪は成立しない? | トップページ | 小沢不起訴に対する検察審査会への申立-「起訴相当」の議決はあり得ない! »

2010年2月14日 (日)

小沢事件で検察審査会に審査を申立て

民主党の小沢一郎幹事長の不起訴処分を不当として、市民団体が12日、検察審査会(検審)に小沢氏を起訴するよう申し立てた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100213-00000040-san-soci

検察審査会で「起訴相当」とするには11人中8人以上の賛成が必要です。

むしろ、「不起訴不当」(過半数で議決)ならいいとしても、もし「不起訴相当」(過半数で議決)になったら、起訴しないことが妥当(≒検察の壮大な捜査そのものが税金の無駄使いだった)ことを国民の代表(検察審査会)が認めることになるので、そのときに検察とマスゴミがどういう反応をするか楽しみだ。

|

« 石川議員らの虚偽記載罪は成立しない? | トップページ | 小沢不起訴に対する検察審査会への申立-「起訴相当」の議決はあり得ない! »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

確かに「不起訴相当」の判断が出たら
反応が楽しみですよね。

検察審査会が開かれる前には、
マスコミが必死に小沢の印象を悪く伝えるのでしょうか。

投稿: hikasu | 2010年2月14日 (日) 17時21分

hikasuさん
こんにちは
>検察審査会が開かれる前には、
マスコミが必死に小沢の印象を悪く伝えるのでしょうか。

そうするかもですね。
まぁ検察審査会のメンバーに選ばれたら、ネットでも調べるから上杉さんなどの記事も読んでくれるかなと思いますが。
僕は、「不起訴相当」と「不起訴不当」が五分五分かなと思っています。「起訴相当」は95%ないと思いますね。

投稿: 寝たろう | 2010年2月14日 (日) 17時29分

検察審査員の選任に付いて。

此れまでの報道・マスメディアの一方的な情報以外に持ち合わせない一般国民の判断に委ねる事は当局の意図する事では? 過去の当局の実績から想像される事は従来以上の策を用いる事は明らかではないかと考えられます。再度8月15日への道程を歩む事だけは避けなければならない筈ですが。。。武力を持つ側(目に見えぬ武力 )にはどの様な手段が残されるのでしょうか?

投稿: hd-trsk | 2010年2月14日 (日) 19時55分

hd-trsk
コメントありがとうございます。
検察審査会のメンバーの選任は確かクジだと思いますので、まぁ適正かなと思います。
たまたま思想的に偏る人が集まる可能性もありますけどね。

投稿: 寝たろう | 2010年2月14日 (日) 21時14分

こんばんは。
世論調査の結果を見ると、検察審査会で起訴相当が出る可能性も意外とあるのかなと思ってます。数字にすれば30%くらいです。
2回の起訴相当も20%くらいはなきにしもあらずかと。

その場合に法廷で事実を明らかにすることは有意義だと思います。
推定無罪の原則が貫かれればですが。

そういえば、新聞紙面では「推定無罪」についての解説記事を見たことないですね。

投稿: なおとけ | 2010年2月15日 (月) 00時25分

なおとけさん
こんにちは

僕は起訴相当はたぶんないと思っています。
検察審査会では、議論の前か途中に弁護士から起訴に必要な証拠とは何かなどの説明を聞くそうです。
本件での起訴に必要な証拠とは、「小沢さんが虚偽記載の共謀をしていた」という供述などですが、それは新聞報道では無いとされています。
検察が「十分な証拠はあったが十二分な証拠が無かった」と言っているのは、僕から見るとハッタリの負け惜しみと思えます。聞いてませんが、多くの法曹はそう思ってるのではないかと思います(まぁ僕は法曹ではないのですが)。
少なくともメンバーが弁護士の説明を理解して論理的に考えれば、起訴相当(十分な分証拠があるから起訴すべき)という議決にはならないと思います。
このコメント、後で本文に追加しておきます。

投稿: 寝たろう | 2010年2月15日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/47563280

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢事件で検察審査会に審査を申立て:

» 【CHANGE】小沢幹事長には策謀などに負けずこれからもビシバシと頑張って欲しい【打倒!反動勢力】 [ステイメンの雑記帖 ]
 鳩山政権を支える連立3党の中で随一の実力者である小沢幹事長の失脚を狙った東狂痴犬特騒部による恣意的な捜査権濫用は、不起訴という結果で一段落した。  しかし、 特騒部が「下野なう」惨経など司法記者クラブ加盟社とグルになって進めたネガキャンが徐々にボディブロー となってきており、ついに時事通信の調査によれば鳩山政権の支持率が40%を割り込んでしまった。  その一方、小沢幹事長の失脚を狙う反動勢力の策謀は未だ続いており、案の定今回の不起訴を不服として、 自称市民団体「真実を求める会」が検察審査会に「起訴... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 14時26分

» 弁護士が同席しない日本の取り調べは信用できない [雑感]
   先月30日の日刊ゲンダイに載せられ、 JANJANにも転載 をされた記事がある。元ロサンゼルス・タイムス東京支局長のサム・ジェームソン氏の記事である。彼は、知日派でも知られている。 彼・サム・ジェームソン氏が、日本記者クラブで2006年6月22日に講演をしているのだがその時の内容が興味深いものであったことから、名前は記憶に残っていた。 講演のタイトルも「在日外国人のみた小泉政権5年」・・・・ 「変わった首相」のプラスとマイナス 」と言うものであった。 http://www.jnpc.or.jp... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 23時43分

« 石川議員らの虚偽記載罪は成立しない? | トップページ | 小沢不起訴に対する検察審査会への申立-「起訴相当」の議決はあり得ない! »