« 平成元年まで、記者クラブ以外は、法廷での傍聴人のメモは禁止されていた | トップページ | 孫正義ライブ2011 »

2010年3月11日 (木)

冤罪と国策捜査(大陪審と予備審問)

少し前の記事へのコメントに記した内容とその補足を、ここに記しておきます。

「検察の暴走」には2つあると思います。

(1)冤罪・・・「事実」が全くないのに、検察が事実を捏造する場合。菅谷さんや、今裁判になっている厚生労働省の元局長・村木さんの事件はこれと思います。

(2)国策捜査・・・問題となり得る「一応の事実」はあるのだが、それは法解釈によっては犯罪に該当しない可能性があるし、仮に該当するとしても極めて軽微なものなので他のケースと比較してもその事実だけで逮捕したり起訴するのは政治的思惑によるもので不当だと思われる場合。

佐藤優さん、鈴木宗男議員、三井環さん、小沢秘書の大久保さん、石川議員などはこれと思います。

(1)は裁判所がちゃんとやれば無罪判決がでるので、そこで歯止めが効く(検察は国民から非難される。また、詳しくないが、本来は必要なかった弁護士費用や拘置期間中の自由拘束に対する国家補償もあると思う。さらに、菅谷さんのように明確な冤罪事件なら、捜査・起訴は検察の故意又は過失による不法行為だったとして、法的な責任を追及する国家賠償請求訴訟をすれば勝てるだろう)。

しかし、(2)は、一応の事実はあるので、検察の「不法行為」とは言い難い(言うとしても、「法解釈が妥当でなかった」「政治的な思惑があったのでは」というような道義的・政治的な責任の追及しかできない。検察の法的な不法行為責任=国家賠償責任を追及することは難しい)。

(1)にしても(2)にしても、法務大臣の指揮権は使い難いので、これとは別の、「検察の暴走」、「検察の起訴権・公訴権の濫用」を防止する制度(検察による起訴をスクリーニングする制度)が必要と思います。例えば、次の(a)(b)など。

(a)米国が採用している大陪審(起訴陪審)・・・検察が正式起訴を行うためには、一般国民が選ばれて構成される大陪審での審理・決定が必要だとする制度。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%99%AA%E5%AF%A9

(b)英国が採用している予備審問・・・大陪審と同じことを一般国民ではなく裁判官がやる制度。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E5%82%99%E5%AF%A9%E5%95%8F

|

« 平成元年まで、記者クラブ以外は、法廷での傍聴人のメモは禁止されていた | トップページ | 孫正義ライブ2011 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

初めまして何時も有益な記事を拝読しています。
さて今回の小沢幹事長関係の検察捜査には恣意的な法令適用で無理筋でも立件したいと言う検察の執念を感じますが今後の裁判の行方が気になります。
しかし石川議員を貶める為に検察が幼い子持ちの女性秘書を騙して呼び出し長時間の不法な拘束と恫喝を繰り返した事は明らかな犯罪行為です。
http://easyresistance.blog.ocn.ne.jp/blog/
しかも記者クラブのメディアは全く報道していません。

投稿: isao-pw大城 勲 | 2010年3月11日 (木) 22時05分

isao-pw大城勲さん
コメントありがとうございます。
国策捜査は「犯罪的行為」なのですが「犯罪=違法行為」ではないのですね。そこが冤罪と違うところだろうと思います。

投稿: 寝たろう | 2010年3月11日 (木) 23時57分

ドラマや映画に出てくるような話で誰も想像できない、信じられない出来ことなので、
逆に私が精神病者仕立てられることで、自分の実名、住所まで公開してます。
(何度も警察に口封じの為殺されそうになった時もありますが)

政治界、法曹界、警察、役所、金融、郵政、医療、教育、地域、通信機関などなどで
一部の人達がネットワークを構築して組織的にあらゆる不正・悪行をしているのを
2007年から目撃・経験して訴えている平凡な、普通の人です。

あってはならない事が平気で起きているこの国、
法治国家でもない、不正だらけ、偽りだらけの国、
社会正義、道徳、倫理が問われるこの国でいいのでしょうか?

私のブログである、
http://blog.yahoo.co.jp/ansund59 に沢山の資料・証拠を掲載してます。

本気で日本の事を思っている良識がある日本国民は、
信頼できるメディア、警察、議員などに情報提供をよろしくお願いいたします。

自分らの不正・悪行について、
沢山の議員、沢山の弁護士、役人、探偵事務所を口止めできる組織はどういう組織でしょうか?・・・

投稿: ansunduck | 2010年3月23日 (火) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/47783433

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪と国策捜査(大陪審と予備審問):

» 今、去年3月に報道をされたをされた記事読み返すと西松事件のいい加減さが見える [雑感]
   昨年の3月15日から、このイザ!でブログを書き始めて今日で丁度一年になる。 昨年の今頃は、小沢氏と言うか西松事件で新聞やテレビは大騒ぎであった。ところがその西松事件そのものはどうなったのだろうか。 面白いのは、2009年3月10日の産経の記事である。記事のタイトルには「 小沢民主党代表 有権者が疑念突き付けた 」とある。 記事の内容は、産経とFNNの合同世論調査の結果を持ち出し、麻生と小沢氏の「 どちらが首相にふさわしいか 」を比較をしているのである。小沢氏が15ポイント近く支持を失ったとして... [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 10時07分

« 平成元年まで、記者クラブ以外は、法廷での傍聴人のメモは禁止されていた | トップページ | 孫正義ライブ2011 »