« やはり「起訴相当」は検察審査会の「勘違い」による暴走だろう | トップページ | 「検察官による起訴」と「検察審査会の議決による強制起訴」とは全く違う »

2010年4月28日 (水)

検察審査会の議決は感情過多の文章と感じる

小沢氏を起訴相当とした検察審査会の議決を読むと、感情丸出しの文章に見えます。

「共謀の事実を認定できる」って、「共謀」という抽象的事実ではなく、「共謀」に当てはめられる「何月何日の何時頃に何処でどういう状況で誰に○○と言って指示した」という具体的事実が供述調書に書いてあって、それを証する証拠があるというのでしょうか?

「共謀」という抽象的事実(生の具体的事実とは全く次元が異なる法律概念としての事実)を、そのまま、絶対的権力者だからということで直接に証明してよいとでも思っているのでしょうか?
刑事裁判では犯罪をどうやって認定しているのか(個々の生の具体的事実を条文の抽象的構成要件に当てはめることにより認定している)、そういう基本を知らないまま、メンバー交代の時期が近いということで焦って議決をしただけのような気がします。

国民として、大変「恥ずかしい」議決だと思います。

|

« やはり「起訴相当」は検察審査会の「勘違い」による暴走だろう | トップページ | 「検察官による起訴」と「検察審査会の議決による強制起訴」とは全く違う »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/48207209

この記事へのトラックバック一覧です: 検察審査会の議決は感情過多の文章と感じる:

» 積極的に起訴をしたらどうなるか? [雑感]
 一昨日27日に大阪の郵便不正事件で「凛(りん)の会」元会長、倉沢邦夫氏に対し、 無罪判決 を言い渡した。 共謀について無罪判決 が出たことで厚生労働省元局長の村木厚子氏への働きかけが無かったということであり、 大阪地検の調書内容が覆された ということになる。 この事件は、当初から東京地検に対し大阪地検も対抗意識で捜査をし小泉元首相の秘書であった飯島氏の関与がささやかれていた。 同時に民主党の石井一議員追い落としではないかとさえ言われていた事件でもある。この事件で無罪判決が出て昼過ぎに小沢氏の政治資... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 16時32分

« やはり「起訴相当」は検察審査会の「勘違い」による暴走だろう | トップページ | 「検察官による起訴」と「検察審査会の議決による強制起訴」とは全く違う »