« 小沢氏への検察審査会の審査について | トップページ | 小沢時代の終焉? »

2010年6月 3日 (木)

西松事件や睦山会事件も忘却の彼方へ

鳩山さんと同時に小沢さんも辞任したわけだが、これで、小沢さんの西松事件や睦山会事件も忘却の彼方へとなるんだろう。

もちろん、今後の9月の民主党代表戦に小沢氏が立つこともあるので、これらの事件の政治的・法律的な重要性はあるとしても、マスコミ的には忘れられていくだろう。

それにしても、安倍、福田、麻生も1年だったが、鳩山政権は8か月という短さ。これは、最近のツイッターなどネットで政治家の裏側というか真実がただ漏れされるので、すぐ底が知れてしまい持たないということではないだろうか。

鳩山さんだからということではないと思う。

そういう、ネットやマスコミに対するマネジメントが必要なのだろう。

鳩山さんは、正直な人柄で、個人的には好きな人だった。残念だ。

最近マスコミで「説明責任」の文字が出なくなったのは、官房機密費の問題(官房機密費から政治評論家や新聞記者に金が渡されていた問題)でマスコミも説明責任を果たせ!という話に進んでいくのを防ぐためだというのを読んだがそうなんだろうね。

|

« 小沢氏への検察審査会の審査について | トップページ | 小沢時代の終焉? »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

寝太郎さん、こんにちは(いま6月4日pm5:10頃です)

鳩山さんは、正直な人柄で、個人的には好きな人だった。残念だ。

同感です。

鳩山さんも、小沢さんも党を大きくするために、金が必要だった。

市民派の金ナシ菅さんは、論理と弁舌だけで、パワーを発揮できるのでしょうか?

投稿: xtc4241 | 2010年6月 4日 (金) 17時10分

xtc4241さん
こんにちは

xtcさんも同じお考えかなとも思いますが、鳩山さんは8ヶ月の間、かなりの意義のある仕事をしてますよね。それが正当に評価されていないと思います。

鳩山さんと小沢さんは僕は好きですね。まぁ管さんも好きで、この3人のトロイカ体制が一番安定感があっていいと思ってましたが。

管さんがうまくやっていくかどうか分かりませんが、少なくとも管さんの人気?で当面の参院選でかなりの当選数を取れれば、たとえ管さんがコケても、民主党政権としての政治主導がやりやすくなると思うので、今回のことは良かったと思います。小沢さんもそれを考えたと思います。

社民党には失望しました。保坂展人さんは好きですが、社民党には入れたくないので、できたら民主党に移って欲しいと思って、この前ツイッターで保坂さんにそうしたらって送信しておきました^^;

投稿: 寝たろう | 2010年6月 4日 (金) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/48536447

この記事へのトラックバック一覧です: 西松事件や睦山会事件も忘却の彼方へ:

« 小沢氏への検察審査会の審査について | トップページ | 小沢時代の終焉? »