« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月21日 (水)

大企業相手のライセンス型発明者

発明について書くのは久しぶりです。

日本では「大企業相手のライセンス型発明者」を目指す人は、少ないと思う。ニッチを目指す発明家は多いけどね。

それで、今日、このブログの過去記事を読んだという人からメールを頂いた。

「ライセンス型発明者を目指している点、ニッチではなく大企業相手に電機関係で戦おうとしている点、メンドクサイから発明が生まれる点、海外企業とは工業生産力ではもはや戦えず、日本の未来は頭脳・発明・想像力での勝負しか生き残りがないという見方、自由な生き方、そしてなによりニーズの観点から勝負する点等、私も全く同じ観点を・・・」

発明家というのは「群れない」「少数派・異端」という傾向はあると思う。

似た価値観・考え方をもつ人は世の中には少ないと感じている。

だから、たまにでもこういう同じような価値観・感じ方を持つ人からメールなどもらうと、すごく嬉しい。

僕の発明の近況ですが、現在のところ、ここ1~2年でかなりのペースで特許査定・特許審決が来てて、特許は計34件くらいになりました。これから1~2年であと十数件は行くかなと思っています。

まぁ、特許を取るだけでは、年金支払いが増えるだけなので悲しい面はありますが(笑)。

今までは仕込みの時期と考えていて、これから徐々に、収穫、つまり、大手企業へのライセンスに向けて行動していこうと思っています

なお、「大企業へのライセンス型発明家」とは、大企業と発明分野が競合している発明家という意味です。「大企業へのライセンス型発明家」にとっては、自分の発明を世の中で商品化する道として、主として大企業へのライセンスを通じて大企業に商品化してもらうことが効率的だといえますが、資金が貯まれば自分で事業化することも当然に在りえます。その意味で、通常のパテントトロールとは違うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

検察審査会は8月中には陸山会事件(政治資金規正法違反事件)の結論を出すべき

新聞によると、陸山会事件(政治資金規正法違反事件)に関する検察審査会の審査は、補助弁護士が決まらないので7月中は結論が出ないだろうという。

しかし、少なくとも8月中には出すべきだろう。

9月には民主党の代表選があって、そこに小沢さんが出るかどうかが、検察審査会の結論がでないと決まらないからだ。

1ヶ月あれば結論は出せるはずだ。東京弁護士会は直ちに補助弁護士を選定し、検察審査会は8月初めから審議を迅速に進めて8月中にはどのような結論でもとにかく結論を出すようにすべきだろう。

山崎元さんの「民主党は「原口首相」で出直してはどうか」、いいですね。

http://diamond.jp/articles/-/8811

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

菅さんの今後

最近は政治関係の記事、あまり見てないんですが、久しぶりにTheJournalみました。

高野さんの論説みましたが、「消費税の説明の仕方が稚拙だった」(根本は間違っていない)という菅さんに優しい言い方ですが、僕は、「説明の仕方が稚拙だったという表面的なことではなく、根本の考え方・国民への姿勢が間違っていた」と思います。

同じTheJournalの中にある財部誠一さんの「負けた敗因は消費税を軽く扱って選挙戦術の小道具に使ったから」というのが説得力あると思います。

菅首相は信用できないと多くの国民が判断した。

僕は、菅さんは早く退陣すべきと思います。これから支持率が20%代に落ちて、9月の代表選では小沢や岡田が立てば勝てないでしょうし、それでいいと思います。

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

世界史

こんにちは 寝たろうです。

最近はほとんど書き込みしてないのに、毎日100件以上のアクセスがあります。検索サイトから来られるのですが、まぁ、ほとんどの人ががっかりして他に飛んでいかれるのでしょう(笑)

ワールドカップで、最初、ウルグアイとパラグアイの区別がつきませんでした。

チェコとスロバキアも今は別になってますね。

ネアンデルタール人と北京原人とは、昔は発見された場所が違うだけと思ってたのに、それぞれが、現人類とも、互いに別の「種」(属?)に属するものだったとは(同じヒト科なので交配は可能なのでしょうが)。

もう高校時代の世界史の知識はほとんど役に立ちません。

参院選ももうすぐですね。管さんがどこまでやれるかわからないけど、自民には戻ってほしくないという一点で決めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »