« 小沢さんにはこれからも雄弁に政策を語って欲しい | トップページ | 発明の自社開発と受託開発を行う発明会社? メキキ・クリエイツ株式会社 »

2010年9月15日 (水)

小沢さんは冬眠ではなく政策の発信をして欲しい

今回の代表選が、途中で醜い中傷・スキャンダル合戦と化したことで、「小沢氏は相当激怒している。もし、敗れれば党分裂・離党に走るのでは」という見方もあった。だが、国会議員票で拮抗し、党員・サポーター票の得票数でも及第点を取れたことで、小沢氏は民主党内での復権にシフトしたようだ。(中略)
党員・サポーターに『まだ早い』と言われたのだから、小沢氏はしばらく静かにしている。少し早いが冬眠だ」と語る。
菅執行部が行き詰まるまで、冬眠して力を蓄える作戦のようだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100915/plt1009151605003-n2.htm

のように、小沢さんは、「菅執行部が行き詰まるまで、冬眠して力を蓄える作戦のようだ。」という見方があります。

しかし、小沢さんは、これから「政策の小沢」として、政策を磨いて、マスコミや街頭で積極的に発信していってほしいと思います。

検察審査会などを含む国民の間では、小沢さんが表で政策を語らないまま裏で権力を操作しようとする二重権力の手法に、嫌悪感を抱いているのです。

だから、小沢さんが政策の勉強会などを開いて、今回の代表選のように、表で政策を発信していくことは、検察審査会への対策や世論対策として大きな意味がある、と思います。

|

« 小沢さんにはこれからも雄弁に政策を語って欲しい | トップページ | 発明の自社開発と受託開発を行う発明会社? メキキ・クリエイツ株式会社 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/49459285

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんは冬眠ではなく政策の発信をして欲しい:

« 小沢さんにはこれからも雄弁に政策を語って欲しい | トップページ | 発明の自社開発と受託開発を行う発明会社? メキキ・クリエイツ株式会社 »