« 「国有財産の証券化」への批判 | トップページ | 安全運転で協調性重視のサラリーマン内閣 »

2010年9月17日 (金)

菅・改造内閣が発足

今日の組閣を見て、脱小沢が鮮明で、ここまでやるのかと驚きました。
鳩山さんは、以前から「菅さんは信用できない」と言ってたらしいので、「挙党一致」といいながこういう人事をやってるのを見ても、驚いていないでしょうね。

この人事からは、小沢グループが出て行ったら自民と手を結ぶ約束があると見るのが自然ではないでしょうか。
小沢さんはかなり窮地に立たされたかなと思います。

まぁ、僕は「何が何でも小沢」という主義ではありません。
菅内閣が、これから国民のためになる政治、マニフェストを実現する政治をしてくれれば問題はない。
菅さんは、今日の記者会見は力強く発言してて、良かったと思います。
こういうのが続けばいいですが、安倍普三さんのように直ぐ底が見えてしまう可能性は高いという感じがしています。

|

« 「国有財産の証券化」への批判 | トップページ | 安全運転で協調性重視のサラリーマン内閣 »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/49479346

この記事へのトラックバック一覧です: 菅・改造内閣が発足:

« 「国有財産の証券化」への批判 | トップページ | 安全運転で協調性重視のサラリーマン内閣 »