« 小沢・元民主党幹事長の強制起訴 | トップページ | 小沢氏の強制起訴について »

2010年10月 4日 (月)

同僚検事についても犯人隠避罪が成立するのでは?

朝日新聞によると

http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY201010020356.html

前田検事は改ざんから数日後に、同僚検事に告白。今年1月末の村木氏の初公判でデータが問題となったのをきっかけに、この同僚検事が公判担当の検事に打ち明けたことで、大坪前部長と佐賀前副部長も知ることになった。

また、http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY201009290568_01.htmlによると、

前田検事は、都合の悪い証拠の存在を隠したまま、「着手報告書」を作成。「この証拠でいけます」と訴え、大阪高検、最高検の決裁を得て昨年6月14日に村木氏を逮捕し、7月4日に起訴した。村木氏は否認のままだった。(中略)

起訴後の昨年7月中旬に同僚検事が「FDの件はどうなりましたか」と尋ねると、前田検事はこう答えた。「返却する前に、04年6月8日に書き換えておいた」

同僚検事は驚いた。最高検の調べに、「まさかそんなことまでするとは思わなかった」と語ったという。

7月16日には、FDは上村被告側に返却されていた。前田検事が改ざんしたとされるのは、その3日前。最終更新日時を「04年6月1日未明」から「04年6月8日」に書き換えたとされる。

この同僚検事とは、 國井検事のことだろうか。

そうだとすれば、國井検事は、起訴直後というかなり早くから、FDの改竄の事実を知っていたのに、それを黙ったまま、村木さんを有罪とするための公判を継続していた。

検事は犯罪者を逮捕する義務がある。一般人にはそのような義務はない。だから、「犯人隠避」に該当する行為は、検事と一般人では大きく違うはずだ。

一緒だと見ている議論もあるが、僕は、違うと思う。

(追記:「見逃しただけで犯人隠避罪が成立するとすると、民間企業の上司が横領をした部下を告発しなかった場合も犯人隠避罪になってしまうという議論があるが、それは違うと思う。検察官には犯罪人を捜査・逮捕する義務があるが、民間人にはそのような義務はないからだ。)

この同僚検事(國井検事?)についても、犯人隠避罪が成立するのではないだろうか?

|

« 小沢・元民主党幹事長の強制起訴 | トップページ | 小沢氏の強制起訴について »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

ご指摘の通りだと思います。
このような下劣な連中(国井検事などが所属する特捜部)がリークするメディアの大本営発表に洗脳されている人達に言いたい。
『貴方も犯罪者に仕立てあげられるよ』
『村木さんが逮捕された時も、極悪人だと思っていたんだろ』

投稿: 愛読者 | 2010年10月 5日 (火) 01時18分

愛読者さん こんにちは
同僚検事の犯人隠避罪容疑、それに会うような事実が最高検からリークされているということは、最高検が同僚検事を犯人隠避罪容疑で逮捕しようと地ならしをしていると僕は読んでいます。
それにしても、この証拠改竄の記事は読んでて「胸がスッキリ」するんですが(笑)、小沢起訴はムカつきます(検察審査会の決議に疑問という意味で)。愛読者さんがどういう意見かは知りませんが。

投稿: 寝たろう | 2010年10月 6日 (水) 00時25分

國井検事も犯人隠避に該当しうるのはそのとおりでしょう。
しかし,國井検事は5月27日にタイムスタンプと検察構図の矛盾に気付き前田検事に即刻伝えたとされています。
http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY201009290568.html
それにもかかわらず前田は筋書きの変更をせず,その結果村木さんは無罪に。どうしてさっさと筋書き変更(たかが10日前後の日の移動)をしなかったのか?これが最大の謎です。石井一議員へつなげるのに6月上旬村木指示が絶対条件だったとも思えないのに・・・
國井検事は実行者上村係長の取り調べを自ら担当し,検察構図とフロッピーの矛盾を知りながら6月上旬指示の供述調書を取り,公判ではそれは証拠採用されなかった。一方で捜査も大詰めを迎えた6月29日にタイムスタンプ6月1日の捜査報告書を作成し,公判部に引き継いだ。これが無罪のきっかけとなった。國井検事こそぎりぎりのトリックを仕掛けたというほかないが,それほどまでしないと真実への逆転ができない特捜部内の異様な圧力があったのではと感じられないですか。別に國井検事には何の義理もないけど。
それと國井検事は今後大坪・佐賀容疑者立件の最大重要証人になってきます。この國井検事をも容疑者として挙げるのは最高検としては無理でしょう。

投稿: この件は根が深い | 2010年10月 6日 (水) 12時55分

この件は根が深いさん
コメントありがとうございます。
>それと國井検事は今後大坪・佐賀容疑者立件の最大重要証人になってきます。この國井検事をも容疑者として挙げるのは最高検としては無理でしょう。<

被告人でも証人にはなれるので、僕は逮捕はあると思っていますが、どうでしょうかね。

投稿: 寝たろう | 2010年10月 6日 (水) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/49650527

この記事へのトラックバック一覧です: 同僚検事についても犯人隠避罪が成立するのでは?:

« 小沢・元民主党幹事長の強制起訴 | トップページ | 小沢氏の強制起訴について »