« 管の支持率を上げるチャンス? 「かんぽの宿」鑑定疑惑 | トップページ | 再臨界の「可能性」と「危険性」って同じだろ? »

2011年6月 4日 (土)

久しぶりの更新

気が付くと6ヶ月ブログ更新を放置していました。

昨日の首相の不信任決議の騒ぎについていろいろTVでやってて、10年以上前の「加藤の乱」と同じだという意見を見ましたが、本当にそうだと思いました。

あの「加藤の乱」では、当時最も首相に近かった加藤氏に、首相の目がなくなった。

今回も小沢さんに首相の目がなくなったというか、大物政治家としての影響力は大きく減殺されたと思います。

この震災復興の大切な時期に、自分の政治的な思惑や焦りから不信任決議を仕掛けた小沢さんの判断には、多くの人が疑問と不信を持ったはずです。「加藤の乱」の加藤氏と同じですね。

リーダーがリーダー足りえるのは、多くの人がその人の判断に信頼感を持つからだと思います。

今回の小沢さんの判断を見ると、とても信頼なんかできない。多くの人がそう感じたのではないでしょうか。

|

« 管の支持率を上げるチャンス? 「かんぽの宿」鑑定疑惑 | トップページ | 再臨界の「可能性」と「危険性」って同じだろ? »

雑談(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/51847539

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの更新:

« 管の支持率を上げるチャンス? 「かんぽの宿」鑑定疑惑 | トップページ | 再臨界の「可能性」と「危険性」って同じだろ? »