« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

陸山会裁判

陸山会裁判の判決には驚きました。

今回の判決は「証拠に基づかない事実認定」で司法の危機だと日刊ゲンダイにありました。
検察は、政権交代前からいろいろと画策して政治的な動き(小沢首相を妨害するための国策操作など)を続けた結果、前田元検事による証拠捏造事件で止めを刺されました。
今回のこの判決も極めて政治的なもので、この判決がきっかけになって、今後、いろいろと裁判官の問題などが吹き出して行くのではないでしょうか。そうなれば、そしてそれが裁判所の自浄作用に繋がっていけば、今回の判決も良かったということになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

エデンの檻

突然ですが(笑)、少年マガジン(漫画雑誌)の「エデンの檻」って、中学生の話(!)なんだけど、結構おもしろい。

修学旅行の飛行機事故で皆が不思議な島に辿りついて・・・という話なんだけど、いろんな奴が出てきて世の中の縮図になっている。

仙石という元劣等生だが今は優等生のようになって自己犠牲的(イエス・キリストのような?)な性格で人気のあるリーダーになった主人公と、矢頼という一匹狼の2人の生徒が対照的だ。

これを見てて、やっぱり世の中は、

①多くの人に慕われるリーダー

②そのリーダーを心から慕う人たち

③そのリーダーに不満を持ちながら表向きは従う人たち

④上記①~③とは別の道を行くノラ犬のような存在(よく言えば一匹狼)

この4種類に分かれるような気がする。

発明家に多いタイプとしては、多い順に④か③か①で、②のようなある意味「従順」なタイプはほとんど居ないと思う。

①は少数だが居る。エジソン、サイクロン式掃除機のダイソン、日清食品の創業者の安藤百福さん(即席ラーメン・カップヌードルの発明者)、半導体エネルギー研究所社長の山崎瞬平さん(共同発明を含めているのだろうが発明数ではエジソンなどを抜いているらしい)などだ。

ところで月マガの「4月は君の嘘」ってどういう意味なんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »