« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年10月 6日 (木)

小沢裁判

今日の小沢裁判で、小沢さんと弁護団は、今回の検察の捜査が、2年前の政権交代直前の民主党と小沢代表(当時)を攻撃するための官僚側の謀略(無意識のものを含む)だったことを強調したが、これは凄く的を得たものだし、戦略的にもうまいやり方だと思う。

首相になろうとなるまいと、この裁判を通して、官僚たちの謀略を暴いて欲しいと思います。

以下は、今日の小沢裁判で小沢さんが述べた発言の一部。

「それなのに、おととし春の西松事件による強制捜査、昨年初めの陸山会事件による強制捜査など、延々と捜査を続けたのは、明らかに常軌を逸しています。
この捜査はまさに検察という国家権力機関が政治家・小沢一郎個人を標的に行ったものとしか考えようがありません。

私を政治的・社会的に抹殺するのが目的だったと推認できますが、明確な犯罪事実、その根拠が何もないにもかかわらず、特定の政治家を対象に強制捜査を行ったことは、明白な国家権力の乱用であり、民主主義国家、法治国家では到底許されない暴力行為であります。 (中略)

それ以上に、本件で特に許せないのは、国民から何も負託されていない検察・法務官僚が土足で議会制民主主義を踏みにじり、それを破壊し、公然と国民の主権を冒とく、侵害したことであります。

おととしの総選挙の直前に、証拠もないのに検察当局は捜査・逮捕権という国家権力を乱用して、私を狙って強制捜査を開始したのであります。
衆議院総選挙は、国民がみずから主権を行使して、直接、政権を選択することのできる唯一の機会にほかなりません。
とりわけ、2年前の総選挙は、各種世論調査でも戦後半世紀ぶりの本格的な政権交代が十分に予想された特別なものでありました。
そのようなときに、総選挙の行方を左右しかねない権力の行使が許されるとするならば、日本はもはや民主主義国家とは言えません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

陸山会事件判決(2)

The Journal で、山口一臣さんが「陸山会事件判決は検察冒頭陳述の一部をコピペしているが、これはおかしい。」と言っているが、そんなことはないと思います。

刑事事件の冒頭陳述や民事事件の当事者の主張を判決の中にコピペすることはよくあることです。今は、裁判所に電子データも提出しているので。裁判官がいい表現だと思えばコピペしてよいと思います。

それより、石川議員などの秘書の方々は、戦略・戦術を根本的に考え直した方がいいと思います。石川議員などは、負け戦をした軍師=弁護士にそのまま頼ってもダメなのは明白なので、即刻、交代させるべきでしょう。

僕が今、この陸山会事件判決で詳しい客観的な論述と思っているのは、次の2つです。
どちらも、有罪判決を妥当とする意見ですが、石川議員らには、是非、自分に都合の良い意見ではなく、耳の痛い意見を聞いて、正しい対処を考えて欲しいと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/63208706.html

http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51618710.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »