« 芥川賞作家・田中真弥さんの受賞会見をみて(「自分を解き放つこと」が発明の条件) | トップページ | 個人発明家も「パテントトロール」なのか? 特許法の目的は「産業発達」だけなのか? »

2012年3月 2日 (金)

検察、虚偽の内容を1年前に確認 陸山会事件の捜査報告書

http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030201001475.html
検察、虚偽の内容を1年前に確認 陸山会事件の捜査報告書

「資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の元秘書石川知裕衆院議員(38)を取り調べた田代政弘検事(45)=現新潟地検=が、事実と異なる捜査報告書を作成した問題で、検察当局が昨年1月に内容の食い違いを把握していたことが2日、関係者への取材で分かった。

 この問題は、昨年12月の元代表の公判で行われた田代検事の証人尋問で弁護側が指摘して発覚。田代検事はこの時の公判証言と同様、上司に「記憶が混同していた」という趣旨の説明をしたとみられる。検察幹部は「当時は大した問題と思わなかった」「説明通りだと思った」としている。」

検察幹部が(1年前に把握したとき)「当時は大した問題と思わなかった」と発言したそうだが、それは、「捜査報告書などにその程度の虚偽の記載をすることは日常的に皆やっていることで大した問題ではない」と自認したということですね。

|

« 芥川賞作家・田中真弥さんの受賞会見をみて(「自分を解き放つこと」が発明の条件) | トップページ | 個人発明家も「パテントトロール」なのか? 特許法の目的は「産業発達」だけなのか? »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/54121464

この記事へのトラックバック一覧です: 検察、虚偽の内容を1年前に確認 陸山会事件の捜査報告書:

» 陸山会事件の石川議員を聴取した「虚偽報告書」を東京地検が1年前に把握、調査せず田代検事を処分せず [shimarnyのブログ]
大阪地検の証拠改ざん事件に続いて、東京地検も虚偽報告書作成を1年前に把握しながら何の処分もしなかったとなると組織ぐるみで犯罪をでっち上げに加担したと思われても仕方がないだろう。 [2日 日本経済新聞]陸山会事件の虚偽報告書、地検が1年前に把握 検事処分せず... [続きを読む]

受信: 2012年3月 2日 (金) 18時01分

« 芥川賞作家・田中真弥さんの受賞会見をみて(「自分を解き放つこと」が発明の条件) | トップページ | 個人発明家も「パテントトロール」なのか? 特許法の目的は「産業発達」だけなのか? »