« 個人発明家も「パテントトロール」なのか? 特許法の目的は「産業発達」だけなのか? | トップページ | 民主党のサポーター登録の申込みしておきました »

2012年4月 4日 (水)

八木啓代さん(東京地検への質問状)

検察審査会を騙して小沢一郎氏への強制起訴を議決させるために虚偽の報告書を作成・行使したとして田代検事を刑事告発している市民の会代表の八木啓代さん。

そのブログに、複数の他の検事も、田代検事と同様に、虚偽の報告書を作成して検察審査会に提出していた疑いが濃厚だとして、それらの検事の氏名などを回答せよとの質問状を、4月2日に、東京地検に提出してきたと記されていた。

このブログに貼り付けてあった4月2日付けの記者会見の動画も見たが、舌鋒鋭い感じの方で、昔から音楽家なのに、どうやってこのような法的知識を身につけたのか、と感心した。

このブログが紹介している2012/2/22付け日経新聞と2012/2/26付け朝日新聞を見ると、田代検事と他の検事が作成した報告書は少なくとも計3つ以上あり、その中の少なくとも1つは当時の佐久間特捜部長宛てに作成されたものだった、ということが明確に書かれている。

つまり、2012/2/22付け日経新聞によると、次の①~③の3つの事実が書かれている。

①「元秘書(石川議員)の取調べ(2012年5月17日)を担当した検事」(田代政弘検事のこと)が、取調べした日と同じ2012年5月17日付けで虚偽の報告書を作成した。

②当時の「吉田・特捜部副部長」が、その2日後の2012年5月19日付けで、田代検事による報告書中の虚偽内容の一部を引用して、虚偽の報告書を作成した。

③当時の特捜部の「主任検事」が同じ2012年5月19日付けで作成した別の報告書にも、「元代表の供述は虚偽だ」という内容が記載されていた。

このように、2012/2/22付け日経新聞には、①田代検事、②吉田・特捜副部長(当時)、③特捜部の「主任検事」(当時)の少なくとも3名が報告書を作成した、と書かれている。

また、2012/2/26付け朝日新聞によると、上記②の「吉田・特捜部副部長」の虚偽の報告書は、当時の佐久間達哉・特捜部長に宛てたものだった、と書かれている。

以上より、2012/2/22付け日経新聞と2012/2/26付け朝日新聞からは、今回の検察審査会への虚偽報告書の作成・行使には、少なくとも、

①田代検事、

②吉田・特捜副部長(当時)、

③特捜部の「主任検事」(当時)、及び、

④佐久間達哉・特捜部長(当時)

の計4名以上が関与したことが記されている。

|

« 個人発明家も「パテントトロール」なのか? 特許法の目的は「産業発達」だけなのか? | トップページ | 民主党のサポーター登録の申込みしておきました »

雑談(政治関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/54392071

この記事へのトラックバック一覧です: 八木啓代さん(東京地検への質問状):

« 個人発明家も「パテントトロール」なのか? 特許法の目的は「産業発達」だけなのか? | トップページ | 民主党のサポーター登録の申込みしておきました »