« イジメ自殺で問題発言を連発している大津氏の教育長 | トップページ | 発明で身を立てるために特許事務所に就職した個人発明家の方からのメール »

2012年7月16日 (月)

大津イジメ問題(教師の「暴行の幇助犯」性)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000439-yom-soci

大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる問題で、文部科学省では、滋賀県警による中学校などの捜索が報じられると、担当する児童生徒課から「強制捜査に踏み切るとは予測もしていなかった」など驚きの声があがった。

「驚きの声」というように、今回の滋賀県警による学校と教委への強制捜査については、学校に強制捜査が入ることは望ましくないというニュアンスの意見もある。

しかし、この大津のイジメ自殺問題の中に、教師などの「暴行の幇助犯」の可能性があるとすれば学校や教委への強制捜査は当然だ。

もし学校の教師がイジメ(暴行)を「見て見ぬふり」をしていたなら、暴行の幇助犯、場合により共謀共同正犯が成立する可能性がある。

もし教育委員会が「見て見ぬふり」を教師に指導していたなら、教委の職員について暴行の幇助犯が成立する可能性もある。

もし学校や教育委員会がそのような犯罪を犯していたなら、自ら正直に資料などを警察に提供する可能性はない。

だから、今回、滋賀県警が学校や教育委員会に強制捜査したことは、十分な合理性と必要性がある。

|

« イジメ自殺で問題発言を連発している大津氏の教育長 | トップページ | 発明で身を立てるために特許事務所に就職した個人発明家の方からのメール »

雑談(その他)」カテゴリの記事

コメント

寝たろうさん、はじめまして、盛田光俊と申します。発明家ブログについて検索するうちに、寝たろうさんのブログを見つけましたので書き込む事にしました。ぶっつけですが、私の開発した発明品を紹介させて下さい。ですが、シンプルで簡単に作れるものです。その発明品とは、地震防振スリッパです。私は、ある団地の9階に住んでおりますが、震度3から4でもかなりの揺れです。その度にドキドキしています。この揺れを少しでも緩和できないかと開発したのが地震防振スリッパです。用意する材料は、スリッパ、天然ゴム板、ハサミ、接着剤これだけです。ハサミで天然ゴム板を縦5cm、横10cmぐらいに切ります。スリッパを裏返しして、足指が当たる部分に接着剤で天然ゴム板を貼り付けます。これで完成です。地震の時は、足指に体重を押し付けるように履きます。このスリッパで、震度3から4の地震が怖くなくなりました。長い文面となりましたが、どうかご高察の程をお願い致します。

投稿: 盛田光俊 | 2012年8月10日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/55209586

この記事へのトラックバック一覧です: 大津イジメ問題(教師の「暴行の幇助犯」性):

« イジメ自殺で問題発言を連発している大津氏の教育長 | トップページ | 発明で身を立てるために特許事務所に就職した個人発明家の方からのメール »