« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年12月23日 (日)

日本未来の党に未来はあるのか?

未来の党が今回の選挙で惨敗した原因は、「社民党のような抵抗政党」と同じレベルの幼稚な政策しか並べられなかったからだ。
国民は、第三極に、抵抗政党としてではなく、政権政党(の予備軍)を求めていた。
だから、脱原発・反TPP・反消費増税だけの政策では、国民から「一人前の投票対象」とは見てもらえなかった。
僕自身は、昔から小沢一郎氏を応援しているので、今後も小沢氏が政界再編をしてくれたらと思っているが、今のままで無理だ。
小沢氏は保守の政治家で、かつては、①政局、②ビジョン、③政策実務家の3つの要素を併せ持っていてた。2年前に管元首相と民主党代表戦で戦ったときも、経済政策などで積極的に発言していた。
それが、今回は全く小沢氏から経済政策などが発せられることはなく、あったのは政局と選挙戦術だけ。
政治資金規制法違反の裁判で政策を勉強する時間が無かったこと、不人気のため学者ブレーンが離れて行ったこと、民主党離党時に政策に強い議員が付いていかなかったことなどの原因があるのかもしれない。
だから、もし未来の党がこれからも生き残って行こうと思うなら、学者などのブレーンをそろえて、脱原発だけでない政権を担える政党としてのトータルの政策を策定し磨いて行く必要があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »