« 日本未来の党に未来はあるのか? | トップページ | 田代検事の不起訴不当の検察審査会決議について »

2013年3月18日 (月)

「一人で頑張る奴」の時代が終わろうとしてる?

Chikirinの日記:時代は変わったんだぜ

オープンイノベーションといってもいいし、水平分業といってもいいし、コラボレーションと言ってもいいんだけど、もはや「ひとりでスゴイもん作る」っていう姿勢に拘りすぎること自体がヤバくなってる。

これって個人でも企業でも国家でも同じでしょ。ひとりの人、ひとつの企業、ひとつの国家に強みがあるのは(ないよりはよほどマシだけだど)、それだけじゃ、勝てなくなってる。あのアメリカでさえ、自分ひとりで中国と対峙しようとしないでしょ。仲間を増やして勝負しようとするじゃん。

覚えておいたほうがいいのは、「友達のいない勉強のできる奴」とか、「一人で何でもやろうとする奴」の時代が終わろうとしてるってことだすよ。

利害を共にする人たちと組んで、それぞれの強みを持ち寄って、全体として超スゴイものを目指そう、そうじゃないと市場で選んでもらえない、という競争になってる時に、ひとりで頑張る!なんて無理すぎなんです。

もう、僕のような「1人でシコシコ発明を特許化して頑張る」という奴は時代から取り残されていくということだろうか?

でも、1人で頑張ってる奴、強みを持ってる奴(企業)が集まったときに、シナジーが生まれて何かが生まれるんじゃないの?
1人では何もできない奴、強みを持ってない奴(企業)が、何人集まっても、大したことにならないんじゃない?

このことについても、これから、どうなるか、自分なりに結果を出していってみたい。

追記: BLOGOSに意見投稿したけど、要は、時代が変わって、ネットワーク力、コミュニケーション力、コーディネート力が、今までになく大きな「強み」になってきた、ということかな。それだけ、従来の技術などにおける強みが相対的に低下してきたと。

|

« 日本未来の党に未来はあるのか? | トップページ | 田代検事の不起訴不当の検察審査会決議について »

組織と個人」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私はまだアイデアを形にしたりは出来てませんが、発明でご飯を食べていく事を目標への、第一歩とし日々試行錯誤しています。今回ブログを拝見させて頂き、勇気を分けて頂きました。企業や団体、お金持ち主体の日本における発明の形を改善したく思っています。こちらの記事にコメントを残したいと思ったのは勇気を分けて頂いたお礼に応援させて頂きたいと思ったからです。個人では確かに弁護士や色んな所と契約していて知恵もお金も沢山集まっている企業などへは太刀打ち出来ないかもしれませんが。
それで諦めてしまうのは折角のアイデアを形にすることもなくどうせ誰かが作るだろうとか既に特許が受理されているだろうとか言って諦めるのと変わらないと思います。我々発明家を志す者ならば常識を覆すアイデアを閃きを糧としていると信じています。そして貴方と同じ気持ちを持っている者がいる事を知ってください。私は幼い頃、父にアイデアを話そうとした事があります。しかし父はお前の考えなんかは既に誰かが形にしたりしていると鼻で笑い話すら聞いてはもらえませんでした。恨んだりではなくとても悲しい気持ちになったのを今でも覚えています。しかし友人知人、家族ですら私を笑いましたがある日アイデアが浮かび紙に設計図を書いていたら数日後、それが新商品として発売されTVのCMで放送されていました。先を越されはしたものの可能性はあるんだと確信しました。私以上に知識も経験も豊富な貴方です。個人でも斬り込める物や方法がきっとあります!
私は諦めません。元からの気持ちもありますが貴方の記事に勇気を頂いたので進めます。本当にありがとうございます。そして貴方の勇気に少しでもなれたらと思いコメントさせて頂きます。お目汚し申し訳ありませんが気持ちが伝われば嬉しいです。失礼致します。

投稿: くろ | 2013年10月20日 (日) 04時16分

くろさん
くろさんも発明で一発当てたいと思ってるのですね。
僕も、上の記事では「あきらめた」ような感じに見えたかもしれませんが、そんなことはなく、今も頑張っていますよ。
そのうち、世間をアッと言わせてやろうと思っています。
そのためには、必死で努力するしかありません。お互い頑張りましょう。

投稿: 寝たろう | 2013年10月20日 (日) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/56984577

この記事へのトラックバック一覧です: 「一人で頑張る奴」の時代が終わろうとしてる?:

« 日本未来の党に未来はあるのか? | トップページ | 田代検事の不起訴不当の検察審査会決議について »