« STAP細胞は国税を投入して為された研究成果 | トップページ | タチの悪い裁判官に関する苦情の宛先 »

2015年3月 6日 (金)

独りで闘って何が悪い?

「ブラックジャックによろしく」などを描いた佐藤秀峰の漫画の中にあった言葉なんだけど、「独りで闘って何が悪い?」って良い言葉だなと思ったので、ここにでも書き留めておこうと思いました。

今は、チームとか仲間で頑張るのが流行りだし、その方が効率がいいのは間違いない。

だが、学校でもそうなのだが、仲間づくりをすると、その仲良しグループから抜けられなくなって、しがらみとかで、足を引っ張られる感じになって、なかなか現状のレベルを突破できなくなってしまうことがある。

集団行動はプラス面もあるがマイナス面もあると思う。

最近、特許訴訟ではないのが残念だが、個人的なことで訴訟をやることになった。

今日が第一回口頭弁論期日で、相手は、弁護士3人が横に並んでいた。

こちらは僕一人。

「独りで闘って何が悪い?」という言葉を思い出しながら、これから頑張ってみようと思います。

これが片付いたら、特許侵害のネタが2~3個はあるので、特許訴訟に踏み出そうと思っています。

|

« STAP細胞は国税を投入して為された研究成果 | トップページ | タチの悪い裁判官に関する苦情の宛先 »

組織と個人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510700/61236290

この記事へのトラックバック一覧です: 独りで闘って何が悪い? :

« STAP細胞は国税を投入して為された研究成果 | トップページ | タチの悪い裁判官に関する苦情の宛先 »